Sound Web サウンドウェブ

ご注文 order お支払い payment キャンセル cancel 返品・交換 returned goods , exchange 送料 carriage 事業内容 activity 特定商取引   Act on Specified Commercial Transactions 個人情報保護  privacy policy ブログ blogお客さまの声 voice of customer

ホーム home << ツール tool << #8027-c ギターネックアイロン ( 修理用 )

 

 

 

#8027-c 【ツール】
ギターネックアイロン (修理用)
78,000円 個数:  

 

<Check 在庫を見る> チェック後「←戻る」で戻る

 

ツール ギターネックアイロン 修理用

 


 

ツール ギターネックアイロン 修理用

グレードアップアイテム ギターのグレードアップに役立つギターパーツ

マストアイテム 全てのプレイヤーに必要なギターパーツ

ホットアイテム あると便利なギターパーツ

定番アイテム 評価が定まっている安心ギターパーツ
フューチャーアイテム 将来のために持っておきたいギターパーツ
ストックアイテム 消耗品として沢山ストックしておきたいギターパーツ
ベストオフベストアイテム 最上級ランクのギターパーツ
バリエーションアイテム 種類を豊富に揃えたいギターパーツ
スターアイテム 持っていると一目置かれるギターパーツ

 

 

  用途 : ネック修理用
  材質 : スチール
  サイズ : 440mm x 65mm x 42mm ( アイロン部 )
  電源電圧 : AC100 / 117V
  メーカー : 荒井貿易
  ヒーター容量 : 140W
  サーモスタット : 付き
  付属品 : 取扱説明書、電源コード、クランプ ( 3個 ) 、スぺーサー

 

この商品はご注文を頂いてから調達する関係で、少しお時間を頂きます
ご了承をお願い致します。( 受注発注 )

 

 

 

ネックリペアには欠かせない、ギターネック修理用ツールです。ギター修理の中ではネックに関するリペアが多いですが、「ネック反り」「ねじれ」などは専門のリペアマンでないと修理が出来ませんでした。この「ネック修理器」を使えば、これまで難しかったネックの修理が可能となります。ギターのネックは異なった2つの材料が貼り合わされており、温度などの変化によりそれぞれが異なった収縮を起こし、ネック故障の原因となっています。この「ネック修理器」は指板と棹の間にある接着剤を熱により柔らかくし、張り合わされている位置を調整することにより、矯正を可能にしています。但し、「熱を加える時間」「クランプの締め具合」などの取扱いが適正でないと、十分な修理効果が得られない場合がありますので、説明書をよくお読みのうえ、正しく使用することが大切です。尚、この商品はご注文を頂いてから調達しますので、お時間が掛かりますことをご了解下さい。

 

ネックの反りの原因は様々で、この機器を使っても完全には直らない場合もございます。又、調整につきましてはお客様の自己責任で宜しくお願い致します。

 

ツール ギターネックアイロン 修理用

 

 

ツール ギターネックアイロン 修理用

 

 

ツール ギターネックアイロン 修理用

 

 

ツール ギターネックアイロン 修理用

 

 

ツール ギターネックアイロン 修理用

 

 

ツール ギターネックアイロン 修理用

 

 

ツール ギターネックアイロン 修理用

 

 

ツール ギターネックアイロン 修理用

 

 

ツール ギターネックアイロン 修理用

 

 

 ネック修理手順                      

・ネックの曲がり状態を調べる
・曲がりの一番ひどい箇所を覚えておく
・アジャスタブルロッドの場合
( A ) 順反りの場合は完全に緩めておく
( B ) 逆反りの場合は完全に緩めてから1〜2回程度締める
・弦を緩め、指板上から弦を外す
・指板の上にスぺーサーを置く
・スぺーサーの上にアイロンを乗せ、クランプで締める
・サーモスタットの目盛を10にし、コードを付けスイッチを入れる
加熱には25〜30分程かかります。

 

 

 主な修理内容

【順反り】

・全体的な順反り修正
・部分的な順反り ( 1〜5フレット ) 修正
・ネックの付け根からの順反り修正
・指板の一部が盛り上がった順反り修正

【逆反り】

・全体的な逆反り修正
・部分的な逆反り ( 1〜5フレット ) 修正
・ネックの付け根からの逆反り修正
・指板の一部が盛り上がった逆反り修正
・12フレット又は14フレットから最終フレットにかけて下がった反り修正

【その他】

・ネックの波打ち修正
・ネックのねじれ修正

 

 

 ネック修理器を使うに当たって

熱を加える時間は、ネックの状態だけでなく「スぺーサーの厚み」「クランプの締め具合」「塗 装や塗料の種類」によっても変わります。時間を短縮して修理したい時は、「スぺーサー」を指板上に置かず、先に熱を加えてから「スぺーサー」を置き、クランプしても構いません。この場合、上部・横のポジションマークが高熱で溶けることがありますので、サーモスタットで温度調整します。指板に塗装がしてある場合も同 様です。「スぺーサー」の長さは、指板幅より少し短めにしますと、ネックの調整状態が確認しやすいです。又、ギター上部あるいは下部を目で一直線に結ぶように見ると、ネックの具合が確認しやすいです。「スぺーサー」は柔らかい木でも代用出来ます。ネックの状態やネック材の堅さなどにより、クランプの締め付け具合が変わります。

 

 

ご注文について お支払について キャンセルについて 返品・交換について 送料について 

 


アコースティックギターパーツネット トップページ | サイトマップ
サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します
©2015 アコースティックギターパーツネット