アコースティックギター@パーツ.net

ご注文 order お支払い payment キャンセル cancel 返品・交換 returned goods , exchange 送料 carriage 事業内容 activity 特定商取引   Act on Specified Commercial Transactions 個人情報保護  privacy policy ブログ blogお客さまの声 voice of customer

ホーム home << 改造パターン

 


聴衆を思わずうならせる、3つの改造パターンで、あなたのミュージックシーンが華やかに !

あなたは街頭で気取らず自然体でプレイする「ストリートミュージシャン系」? ライブハウスや屋外ステージで熱いギターを聴かせる「ステージミュージシャン系」? レコーディング等で正確無比に、時には情緒たっぷりに弾くオールマイティな「スタジオミュージシャン系」?、一人のどかに自分のプレイを 自宅や公園で楽しむ 「オンリーミュージシャン系」? タイプはさまざまでも、改造パターンはおおむね次の3パターンに集約されます。

 

 

 

まずはミュージシャンの基本「音」について

 

改造の1つ目はミュージシャンの基本である「音」の部分です。今のアコースティックギターの音に満足しているかを問うてみましょう。低音がもっと欲しい、高音がモコモコする、中音が弱い、音の伸びがもっと欲しい、などなど音に対する部分を改良してゆきましょう。沢山のアコースティックギターを弾きくらべ、沢山のギターを聴いて自分の好みの音を探してゆくのも大切ですね。多少時間が掛かるかもしれませんが・・・。

 

 

 

次は「演奏性」。あなたのギターはひきやすい ?

 

次はギターが弾きやすいかどうかです。長時間の演奏にはこの弾きやすさがとても重要になります。

1.弦が押さえにくい → 弦高の調整で改善されます
2.弦高が高い → ナットやサドルで調整をしま
3.弦高が低い → パーツを交換して適正な高さに修正します

以上の場合はパーツの交換や調整で自分にぴったりの状態に変えられます。少しテクニックを使って理想の状態に変更が可能です。是非トライしてより良い状態にしてゆきましょう。

 

 

 

3つ目は「その他」の部分です

 

3つ目は、音や演奏性以外の部分です。例えば、ペグの動きが固い、ペグがガタガタする、ピックガードがはがれてきた 、ピックガードの柄を変えたい、などです。弦やピック、カポ、ストラップなどを変えてみるのもこの部類に入ります。

 

 

 

 

 


Copyrights 2017 株式会社レミユ all rights reserved

当サイトにおける内容の無断使用を禁止します