アコースティックギター@パーツ.net

ご注文 order お支払い payment キャンセル cancel 返品・交換 returned goods , exchange 送料 carriage 事業内容 activity 特定商取引   Act on Specified Commercial Transactions 個人情報保護  privacy policy ブログ blogお客さまの声 voice of customer

ホーム home << ギターグレードアップ法 gradeup

 

 

突然ですが、ギター上達のためにパーツをグレードアップするのも1つの方法だと思います

アコースティックギターに限らず弦楽器やその他の楽器では上達法の第一に挙げられるのは、地道な「練習」でしょう。指のトレーニングや運指の練習、メトロノームを使ったリズムの取り方など、単調で地道な練習を重ねることが、ギター上達の基本と言えるでしょう。

 

 

 

練習は面倒でつまらない。できればやりたくない

 

でも、単調な練習は時に苦痛になることがあります。と言うより、苦痛に感ずる人の方が多いのではないでしょうか。もっと楽をしてうまくなりたいと思う方は多いと思います。練習は沢山すればするほど良いことはわかっていても、なかなか実行に移せない・・・何とかしてやりたくない練習を少しでも多く出来るようにすることは出来ないのでしょうか ? 長時間の練習の先に、偉大なミュージシャンという栄光があることは誰でもわかっているのですが・・・私の提案はアコースティックギターの愛着度を上げてギターに接する時間を少しでも多くし、練習のストレスを最小にしようということです。

 

 

 

ギターに対する愛着度はどのくらいある ?

 

では、まずあなたのアコースティックギターに対する愛着度を調べてみたいと思います。

 

1.ギターを毎日疲れるまで弾かないと気がすまない。完全なギター狂だと思う。
2.出来る限り毎日弾く。毎日少しでも弾かないと眠れない。かなりのギター狂。
3.時々弾いている。時には時間を忘れてガンガン弾きまくる。ほどほどのギター好き。
4.他にもやりたいことが沢山あるので、ギターだけに多くの時間は費やさない。
5.忘れた頃にしか弾かない。自分はギターが好きなのかわからない。

 

1〜3までは中以上の愛着度、4〜5は中以下と言えます。この段階を1つづつ上がってゆければ、練習量が自然に増えてギターがうまくなってゆくはずです。

 

 

 

ギターの愛着度を上げるには・・・

 

で、今回はアコースティックギターそのものを換えるのではなく、パーツを交換 することによって、ギターへの愛着度が高まり、ギターと接する時間が多くなり、知らず知らずのうちに練習量も増え、いつの間にかギターが上達できる ! というストーリーとなります。人間で言えば、好きな人・魅力的な人とは出来る限り長く一緒にいたいと 思いますよね。ギターにも取り入れてみようということです。ギターをあなたにとって、今よりもずっと魅力的なものにしてゆこうということです。これで、パーツのグレードアップがギター上達に有効なワケが
少しはご理解頂けたでしょうか。

 

 

 

どこをグレードアップしたら良いのか

 

パーツのグレードアップが上達に有効なのはご理解頂けたところで、次は具体的に今持っているアコースティックギターのどこをグレードアップしたらいいのかが、わからない方もいらっしゃるかと思います。参考までにグレードアップの一般的な方法を挙げてみます。

 

1.ギターに不満な部分はないか
2.不満はないが、もっと良くしたいと思う部分はないか
3.ギター以外の弦やカポ、ストラップなどに目を向けてみる

 

この3点から考えてみると良いでしょう。音や演奏性の部分で不満があったり、外観面をもっと良くしたいというような場合もあります。まずはおおまかに捉えてゆきましょう。

 

 

 

 

 


アコースティックギターパーツネット トップページ | サイトマップ
サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します
©2015 アコースティックギターパーツネット