アコースティックギター@パーツ.net

ご注文 order お支払い payment キャンセル cancel 返品・交換 returned goods , exchange 送料 carriage 事業内容 activity 特定商取引   Act on Specified Commercial Transactions 個人情報保護  privacy policy ブログ blogお客さまの声 voice of customer

ホーム home << ライニング lining << #7401-b トラディショナル マホガニー

 

ライニング lining 

 

#7401-b 【ライニング】
トラディショナル マホガニー 
400円 個数:    送料1100円

 

<Check 在庫を見る> チェック後「←戻る」で戻る

 

ライニング トラディショナル マホガニー

 

 

ライニング トラディショナル マホガニー

グレードアップアイテム ギターのグレードアップに役立つギターパーツ

マストアイテム 全てのプレイヤーに必要なギターパーツ

ホットアイテム あると便利なギターパーツ

定番アイテム 評価が定まっている安心ギターパーツ
フューチャーアイテム 将来のために持っておきたいギターパーツ
ストックアイテム 消耗品として沢山ストックしておきたいギターパーツ
ベストオフベストアイテム 最上級ランクのギターパーツ
バリエーションアイテム 種類を豊富に揃えたいギターパーツ
スターアイテム 持っていると一目置かれるギターパーツ

 

 

 仕様 : 製作用パーツ
 材質 : マホガニー 
 形状 : トラディショナル
 横幅 : 約1.8cm 
 長さ : 約75cm
 高さ : 約0.6cm

 

 

ギター製作用パーツで表板・裏板と側板の接着を補強するためのパーツです。材質はマホガニー、長さ約75cm、幅は約1.8cm、高さ約0.6cmです。トラディショナルなタイプでビンテージギターのほとんどはこの形状のライニングです。ボディ全体を巻くためには4本必要です。写真のように側板にぐるりと接着します。曲がりやすくするために、約5mm間隔で1mmのスリットが入っています。 折れやすいので取り扱いには注意します。 長さ調節カットは普通のカッターで簡単に切れます。 デザインはトラディショナルタイプですので戦前モデルを製作するのにピッタリ。 1台のギター製作には4本が必要です。

 

ライニング トラディショナル マホガニー

 

 

ライニング トラディショナル マホガニー

 

 

ライニング トラディショナル マホガニー

 

 

ライニング トラディショナル マホガニー

 

 

 

 

0469.  おすすめ度 ★★★★☆ あこ様 2011-05-28

三角のライニングだと、接着したあとの面出しで上部の面積が小さくなってしまう(表や裏との接着面積が若干稼げなくなる)ので、四角いライニングがラインナップに揃うと良いと思います。

この度は当店をご利用頂き誠にありがとうございます。今回ご購入頂いたライニングは古くからの伝統的なものとしては定番ですが、ご指摘の通り、面だしの段階で接着面が小さくなる可能性はあります。その点、四角のライニングなら接着面積が変わりませんので、強度も殆ど変わりませんね。今後の品揃えを検討させていただきます。貴重なご意見に感謝致します。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。ありがとうございました。

 

 

0035.  おすすめ度 ★★★★★  herahera様  2008-03-13

申し分ありません。 値段も他と比較するとメチャクチャ安いのも良いです。

毎度のご利用ありがとうございます。商品の満足頂きほっとしています。ライニングはギターを作っていくと、結構沢山必要になりますよね。当方にて沢山在庫していますので、お気軽にご用命下さい。今後も製作に関する商品を多く品揃えしてゆきますので、宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

 ライニングの取付け方

側板にライニングをつけます。これはボディの角を補強するための材料で、マホガニー材を使います。ボディ曲線に合わせて接着しますので、曲げやすいように、1cmごとに切れ目が入っています。 まず、側板の形状がゆがまない様に、木型かダンボールの型をボディ内側 に入れておき、ライニングを接着してゆきます。表板側は裏板側と比較すると傾 斜がない分、簡単に付けられます。準備物として、木製の洗濯ばさみかクリップを30〜35個用意します。あらかじめライニングの長さを調節しておき、どのくらい使用するかを確認しておきます。まずは表板側からライニングを接着してゆきます。側板とライニングの接着面にニカワ等をつけて少しづつ付けてゆきます。

 

接着したらすぐに洗濯バサミ等で固定してゆきます。固定が完了したら1日おきます。次に裏板側の接着です。こちらは表板側と異なり、多少傾斜が付いていますので、それに合わせてライニングも多少ずらして接着する部分があります。くびれ部分からヘッド側に向けてが傾斜ですので、その部分の接着に注意が必要です。多小の狂いが出ても問題ありません。表板側は側板の端と同じ高さで接着して良いですが、裏板側は裏板自体のカーブに対応するため、ライニングを1mm程度高く接着します。あとで、サンドペーパーで多少の角度を付けるために高くしておく必要があります。裏板側も表板側と同様に固定したら、1日おいて完了です。

 

 

 ライニングの付け方 ポイント

▽ 作業時間  2時間
▽ 使用用具  木型、木製洗濯ばさみ、ニカワ、へら
▽ 裏板側は接着部分が直線になっていないので、少しづつ ずらして付けてゆきます。
又、くびれの部分はライニングが 折れ易いので注意して付けます。接着前に
ライニングを電子レンジに入れ、1分程度「強制乾燥」させておきます。

 

 

 これからギター製作をしてみようかと思う方に・・・。

ようこそアコースティックギター製作ワールドへ !!! このメッセージはいつかはギターを製作してみたいと思っている方や、 製作経験がすでにおありの方々と、情報交換をしてゆきたいとの思いで発信しました。 「ギターを製作するなんてことはとても難しく、簡単に出来ることではない」と思ってらっしゃる方も多いかと思います。確かに 越えなければならないハードルはいくつかありますが、わいわいがやがや、やっていくうちに自然に知識や技術が身についてきて、 いつの間にかギターが出来上がってくるはずです。

これからギターを製作しようかと思う人は、いろいろな疑問や夢があると思います。例えば「ギターはどのようにして作るのか」 「作るのには何が必要なのか」「作っているけれどなかなかうまく作れない」「素人でも本当にギターが作れるのか」 「お金はどのくらいかかるのか」「時間はどのくらいかかるのか」 「自分だけのオリジナルギターが欲しい」「高級ギターに負けない音のギターを作る夢がある」「ギターを弾くだけではもの足りなく なってきた」「ギターを極めてみたい」 〜などなどいろいろな疑問や思いをお持ちだと思います。そのようなさまざまな疑問や思いをこのサイトを通して風船のようにどんどんふくらませ、風にも飛ばして 大きなギターフリークスの虹の輪が出来ていけばどんなに楽しいか、
なんてことも思いながら進めて参りたいと思います。

当然ギター製作は簡単に出来るというものではなく、ある程度の覚悟をして取り組む必要があることは確かですが、出来ないことはありません。偉そうに言っている私も実は独学で、どの様にしてスタートしたら良いかもわからず、ずいぶんと悩んだものです。私の試行錯誤の中から得たものは、これから作ってみようと思っている方に少しでも役に立つように、包み隠さず出来る限りわかりやすく説明していくつもりです。ちなみにギターを製作することで得られるメリットを挙げてみますと・・・                                              
▽ 自分でギターを作ったという満足感、充実感が得られる
▽ ギターに対する愛着が深まる
▽ ギターに関する知識が自然に得られる
▽ ギターの構造が理解出来る
▽ ギターがどの様な部材で成り立っているのかが理解出来る
▽ 各パーツの機能が理解出来る
▽ 木材に対する知識が得られる
▽ 音の成り立ちが理解出来る
▽ 音に影響を与える部分がどこなのかわかるようになるはず ??
▽ 好みの音にするには、どこをどう調整したらいいかわかってくるはず ??
▽ リペアーも自分で出来るようになるはず ??
▽ 他の木工製作も出来るようになる
▽ 「良い趣味をお持ちですね」と言ってくれる人もいる
▽ 老後の趣味としても悪くない。楽しい余生? を送れそう

次はデメリットを挙げます。

▽ 木くずなどが散らばり、埃っぽくなる
(集塵機があれば解消されますが)
▽ 道具を使っている時の音がうるさく、周囲から嫌がられる
(早く製作専用の工房が欲しい)
▽ 「良い趣味をお持ちですね」と言って欲しいのに、「ギター好きが
昂じて今度はギター製作まではじめてしまう道楽人間か」と
冷ややかに見られることがある。
(周りのことは気にしない)
▽ 当然ですが、道具などの資金が必要
(はじめのうちは最低限の道具でスタートし、必要に応じて
少しづつ揃えて行けばいいと思いますが、まずまず揃える
のに10万〜20万はアッと言う間かも !?)       

思いつきで挙げましたが、まだまだ他にもメリットはあるかとは思います。興味のある方はこの機会に是非共トライして、素晴らしい世界を体験してみましょう。さあ、魅惑のギター製作ワールドへみんなで出発しましょう !!!

 

 

ご注文について お支払について キャンセルについて 返品・交換について 送料について 

 

 

 


アコースティックギターパーツネット トップページ | サイトマップ
サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します
©2015 アコースティックギターパーツネット