アコースティックギター@パーツ.net

ご注文 order お支払い payment キャンセル cancel 返品・交換 returned goods , exchange 送料 carriage 事業内容 activity 特定商取引   Act on Specified Commercial Transactions 個人情報保護  privacy policy ブログ blogお客さまの声 voice of customer

ホーム home << ブリッジピン bridgepin << #3003-a 水牛角ドットなし

 

ブリッジピン bridgepin 

 

#3003-a 【ブリッジピン】
水牛角ドットなし (6本セット)
1,890円 個数:    送料160円

 

<Check 在庫を見る> チェック後「←戻る」で戻る  

 

ブリッジピン 水牛角ドットなし

 

 

ブリッジピン 水牛角ドットなし

グレードアップアイテム ギターのグレードアップに役立つギターパーツ

マストアイテム 全てのプレイヤーに必要なギターパーツ

ホットアイテム あると便利なギターパーツ

定番アイテム 評価が定まっている安心ギターパーツ
フューチャーアイテム 将来のために持っておきたいギターパーツ
ストックアイテム 消耗品として沢山ストックしておきたいギターパーツ
ベストオフベストアイテム 最上級ランクのギターパーツ
バリエーションアイテム 種類を豊富に揃えたいギターパーツ
スターアイテム 持っていると一目置かれるギターパーツ

 

 

  仕様 : アコースティックギター用
  材質 : 水牛角
  弦溝 : 有り
  太さ : 約5.0〜5.3mm前後
  長さ : 約23mm
  ドット : なし  

 

 

 

 

 

水牛角素材ブリッジピンです。タイトでクリアな音色を求める方に適しています。高級アコースティックギターの多くに用いられます。弦用の溝が彫ってありますので、弦との調整もスムーズです。ブリッジピンにはプラスチック素材も使われますが、グレードアップには木材や骨材・角材をおすすめします。材質的には中級以上のギターに使用されています。リペアやグレードアップに最適な素材と言えます。外観面ではシンプルで深い味わいが出せます。ドットがないので渋い感じが出せます。飽きのこないシンプルな仕上げにはドット無しをおすすめします。 ブリッジピンは弦の振動を直接受ける重要な役割を持っているパーツです。材質によりギターの音色が微妙に変わってきますので、いろいろなブリッジピンを取付けて音色の変化を楽しみましょう ! 尚、この商品は天然素材のため、色合い・柄などが写真と異なる場合がありますのでご了承下さい。

 

この商品は天然素材のため、太さや仕上がりに若干のばらつきが出る場合があります。又、ブリッジにピンをセットした時、ピンが太くて浮き気味になる場合は、サンドペーパーなどでピン自体を僅かに細く削るか、ブリッジのピン穴をリーマーなどで僅かに広げ微調整します。又、逆にピンが細く、ピン穴とピンとのセット状態が多少緩い場合は、弦を張ってチューニングした時にピンが固定されていれば、特に問題はありません。ブリッジピンは、弦のボールエンドがピン底部に当たり、ピン自体がホールに若干斜めに傾き、ホール壁面との摩擦で固定されます。ですので、ピン穴とピンとのセット状態が多少緩くても、ピンが傾斜しているため、簡単にはピンは抜けませんのでご安心下さい。( 下記の弦セット方法をご参照下さい )

 

 

ブリッジピン 水牛角ドットなし

 

 

ブリッジピン 水牛角ドットなし

 

 

ブリッジピン 水牛角ドットなし

 

 

ブリッジピン 水牛角ドットなし

 

 

 参考 ピン穴が緩くても抜けにくい弦のセット方法

弦をブリッジ側でとめる場合、ピン穴にブリッジピンが固く留まることはあまり重要ではなく、本来は弦の先 ( ボールエンド側 ) がどの位置でセットされているかのほうが、より重要になります。ピン自体が穴より細くゆるんでいても、下記の方法で適切に弦がセットされれば、ほとんど問題にはなりません。弦の固定は、ピンがピン穴にきつく固定されることによりなされるのではない事を理解することが重要です。

 

 

通常は袋から出した弦を、そのままブリッジの穴に通します。 断面図で表すとこの様になります。 この状態でそのままブリッジピンを差込みます。

 

 

   ↓

 

 

弦にテンションが掛かると、「ボールエンド」がブリッジピンの先端に引っかかり、そのまま上へと押し上げる力が起こります。 ある程度まではピンと穴の摩擦の力で耐えていますが、弦を張っていくとそのうちピンが浮き上がってきます。

 

 

 

今度は弦を図のように曲げてからブリッジ穴に通します。「 ボールエンド」がブリッジピンの先端に引っ掛からないように、うまくよけることが出来ます。 又、ピンを差し込むと同時に、手で弦を引っ張り上げると、ピンとブリッジ裏面に「ボールエンド」が 固定されます。これでピンが緩んでくる事を防げます。

 

 

 

 

   ↓

 

 

 

このように弦を張ると、「ボールエンド」はブリッジピンの先端には引っ掛からず、ピンの側面とブリッジの裏側に当たる部分にピッタリと固定されます。 そうすれば、弦を強く張ってもピンへかかる力が真上方向ではないため、ピンを穴に押し付ける力が働きます。摩擦力が高まるため、弦を張るほど抜けにくくなり、多少ブリッジ穴が緩くてもピンと弦がしっかり固定されます。

基本的にはピンは差し込まれた力で止まっているのではなく、弦に引っ張られる事で摩擦が生まれて止まっています。 穴に対してピッタリかやや緩めのブリッジピンがベストです。ピンが太くて入らない場合は、ピンを少し削るかブリッジ穴を広げます。

 

 

 ブリッジピンが太い場合の削り方

ブリッジピンの太さが僅かに太い場合は、粗めの紙やすり ( #60、#100 ) でピンのくびれ下の一番太い部分に、巻くようにして動かします。万一、削り過ぎて緩くなっても音質や機能にはあまり影響がありませんので、ご安心ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

ブリッジピンがかなり太い場合は棒ヤスリを使いピンの一番太い部分を削ります。丸みが均等になるように削ります。万一、削り過ぎて緩くなっても音質や機能にはあまり影響がありませんので、ご安心ください。

 

 

 

 

 

 

おすすめツール  精密やすり

 

 

 

 

 

0854. おすすめ度 ★★★★★  saka様  2017-01-02

今回はギブソンのJ45に使わせていただきました。有り難いことに加工なしで取り付けることができました。ピン自体が綺麗で、溝の彫り方もとても丁寧な仕事をされています。そして、牛骨よりほんの少し柔らかいような感じを受けました。
そこから3ヶ月ほど使ってみた感想ですが、牛骨より低音域が鳴る印象があり、狙った音色効果が出来て大変満足しています。 質問にも答えてくださったり、注文をしてからも迅速且つ丁寧な仕事をしてくださったりと、とても有り難かったです。

今回のブリッジピンにご満足頂けたようでとても光栄です。当方の認識では牛骨と水牛角は同様の硬さと認識していましたが、厳密に判断すると牛骨より柔らかいかもしれませんね。この違いを感じられることは凄い感性がないと不可能ですね。その分低音が向上したのかもしれませんね。これからもどうぞ宜しくお願い致します。この度はご利用どうもありがとうございました。

 

 

0819.  おすすめ度 ★★★★☆  イモッチャン様 2016-04-01
見た目も綺麗でツヤもあり満足しています。音も幾分良くなった気がします。

水牛角は磨くとツヤが出ますし黒っぽいので渋めの感じが醸し出されます。音はシャリ感がありアコギらしい音になります。隠れた逸品だと思います。これからもこのような逸品を多く揃えてゆきたいと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します。この度はご利用ありがとうございました。

 

 

0801. おすすめ度 ★★★★★ seko様  2015-07-23

とても良い商品でした。音が明らかに変わりました。また包装なども心のこもったもので、とても好感が持てました。初めて利用しましたがまたお世話になりたいと思います。ありがとう!

この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。初めてご利用頂く方にとっては信用のおける店かどうか不安な部分が多いと存じます。お客さまの不安を出来る限り取り除いて安心してご利用頂けるように努めて参ります。どうぞこれからも宜しくお願い致します。ありがとうございました。

 

 

0791. おすすめ度 ★★★★★  erlove様  2015-06-06
購入したピンの太さが少し太めでしたが、紙やすりで調整をしたところ、ジャストにフィットしました。思っていたより、高音が伸びて、歯切れのいい音に変化をしました。

この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。歯切れの良い音に変化したとのこと、何よりです。サイズの調整も僅かであればさほど大変ではないかと思います。このピンは当店では一番良くご利用頂いているものでベストセラー品です。もっと多くの方にご利用頂けるように願っています。それではこれからもどうぞ宜しくお願い致します。ありがとうございました。

 

 

0788.  おすすめ度 ★★★★☆  Little Martha様  2015-05-29

お世話様です。ウッドピンに続き牛骨ピンと音色の変化をかなり試していました。ギターというのは、ほんとに生き物です。毎日が明るく響いたり陰でささやく響きを起こしたりで、ほんとに苦労します。ブリッジピンで、変化の決定打はやはり引き手のやる気だけですよ。しかし、きっかけを頂いたのは、この水牛角ピンでした。かなり暴れる響きをもたらします、コントロールするのが大変でした、やはりGibson系のギターに合うのかな?。優等生の牛骨製は、引き手の荒が見えすぎるため、私は水牛角ピンを当分使用していきたいと思います。ありがとうございました。

ブリッジピンによる音色の変化は思いのほか感じることが出来、サウンドのプチ改善効果が楽しめます。基本的にベースとなる音色はギター本体で決まり、そこを基準としてサドル・ナット・ブリッジピンなどである程度コントロールが可能です。硬めの素材は音も硬めでしっかりと音が出ますので、暴れるという表現でコメントを頂いています。こもりがちなギターにはこの骨系のピンでシャープな音に改善が可能です。いろいろ試して頂き、音色の変化を楽しんで頂ければ幸いです。この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございました。またのご利用をお待ちしています。

 

 

0734.  おすすめ度 ★★★★★ え〜様 2014-11-03

2セット購入しましたが,材質にバラツキもなくいいものでした。ピンの太さをヤスリで若干調整することは承知の上でしたから,何の苦にもならずむしろ楽しみながら調整しました。今まで使ってきたエボニーのピンも悪くはなかったのですが,今回水牛角に交換して音が変わりました。音の立ち上がりが良く,音の輪郭がはっきりしました。これまでも何回か利用させていただきましたが,いつも迅速かつ丁寧な対応をいただきありがとうございます。いつでも安心して注文できます。これからも利用させていただきたいと思います。

ブリッジピンの調整は商品ページでご説明していますが、まれに調整する必要があったということで当方への評価が下がることがあります。全てのブリッジに微調整なしでぴったり合うことは非常に希で、微調整が当たり前と思って頂いたほうが良いかと存じます。 ブリッジピンで音質のコントロールが可能なことも商品ページでご案内していますが、ある程度音の方向を変えたい場合に役に立つと思います。これからもどうぞ宜しくお願い致します。ありがとうございました。

 

 

0622.  おすすめ度 ★★★★★  江原由則様 2013-02-18

親切、丁寧、迅速に対応して頂きました。ブリッジピンもしっかりした物で満足してます。
牛骨サドルと一緒に購入し、交換しましたが、驚く程
音が変わりました。高音が煌びやかといいますか、綺麗な澄んだ音になりました。

ブリッジピンやサドル、ナットは弦に直接あたる部分のパーツで、この部分の素材や接し方により、ギターの音色が変わってきます。水牛角はプラスチックや木と比べると堅めの素材ですので、音もタイトで締まったものに変わります。今回はサドルも牛骨に交換されていますので、音の変化がさらに高まったと思います。これからもどうぞ宜しくお願い致します。この度はありがとうございました。

 

 

0563.  おすすめ度 ★★★★★  hiroshi様 2012-02-05

水牛角・牛骨・タスクのブリッジピンを同じギターで同じ弦で録音までして聴き比べました。水牛角は音の抜けも良く、一番散らばりのない音のような気がして心地よく感じています。さっそくドットありの水牛角ブリッジピンとエンドピンを購入して見た目も違和感のないようにしようと思います。親切ですばやい対応と貴重な商品を提供してくださり感謝しています。

ギターのパーツであるブリッジピンを交換するだけでも音質が改善できることを実証していただけ、ありがとうございます。いままで私は自分の耳でその違いを聴いていましたが、録音まではやったことがありませんでした。録音したものを聴けばより客観的に音の違いを知ることができると思います。貴重なコメントを頂いたことに深く感謝致します。これからもどうぞ宜しくお願い致します。ありがとうございました。

 

 

0393.  おすすめ度 ★★★★★  南紀屋様 2011-01-26

今回Martin000-18用に購入しましたが、ブリッジピンの発注と同時に、ギターを弦高調節にショップに出したところ、フレット打ち直しの修理が必要ということが判明し、使用レポートができません。あしからず。 でも、発送は迅速で、しかも包装は素っ気ない程のジップ付きの小さなビニール袋。その簡素さが、過剰包装の逆をいっているようで気に入りました。その分郵送費も安く、経済的だと思います。ギターが戻ってきたら使おうと思います。

Martin-000-18にお買い上げのブリッジピンを取付けられるとのこと、楽しみですね。標準のピンがプラスチックでしたら、水牛角材は硬めの材質ですので、今回の交換で音の締まりが変わると思います。又、包装は安価なメール便のため最低限のサービスでお届けしています。どうぞご理解を宜しくお願い致します。 今後とも宜しくお願い致します。ありがとうございました。

 

 

0352.  おすすめ度 ★★★★☆  ken様 2010-10-05

素早い対応で、安心感がありました。

この度は当店をご利用頂き、誠にありがとうございます。お届けに付きましては在庫がある商品は速やかにお届け出来るよう心掛けています。在庫が切れている商品は少しお時間を頂く場合がありますので、こうかご了承下さい。水牛角のブリッジピンは比較的堅めの材質で、シャープさが向上します。見た目も黒っぽいので渋く、私も気に入って自作ギターによく使っています。今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

 

0236.  おすすめ度 ★★★★★ コヤマ様 2009-12-12

はじめての購入。それもこの日、偶然見つけたサイト。手続きも着払いがありとても簡単でした。 また、商品もサイト掲載のような質感でとても感謝しています。大好きなギターがブリッジピン交換だけで、もっと好きになりました。ありがとうございました。

この度はご利用どうもありがとうございます ! ブリッジピンの交換だけでも、手軽にサウンドの微妙な変化を楽しめるので、ブリッジピンの交換はおすすめですね。ナットやサドルも弦に直接接する部分なので、かなり音色は変わります。もう、やってらっしゃるかもしれませんが、次はナット、サドルにも挑戦されてみてはいかがでしょうか。楽しみがどんどん広がってゆきます。

 

 

0094.  おすすめ度 ★★★★☆ バーボン様  2008-11-07

美しいブリッジピンです。一見して、大変丁寧に作られているのがよく分かる、逸品ですね。 溝幅が商品説明に記載されていれば、より安心して購入できたと思います。 ※根元にシルクが巻かれている弦だと、この溝幅では、そのまま使用するのは難しもしれません。

この度はご利用頂きありがとうございます !! 満足頂けたようで嬉しいです。溝幅の記載を検討させて頂きます。シルクが巻いてある弦や太い弦の時には溝が細いかもしれません。私はブリッジ穴を少し大きくして補正しています。既製品なので、溝幅を広くすることが可能か仕入先に問い合わせてみます。機会がありましたらまたのご利用を宜しくお願い致します!!

 

 

0066.  おすすめ度 ★★★★★  鈴木様 2008-08-18

無事、ブリッジに収まり、 快音を聴かせてくれています。 サイズが心配でしたが、各弦の穴で 入れるピンを挿し分けたので問題有りませんでした。 ご連絡遅くなり申し訳ありません。 どうも有難うございます。

光栄なご評価を頂きまして誠にありがとうございます。快音になりとても安心しました。サイズはブリッジの穴との微妙な調整が必要になる場合が多いです。多少緩い場合でも、問題はありません。堅過ぎる場合はピン穴を大きくするか、ピンを細く削ります。

 

 

 

 

 

 ブリッジピンについて                    

ブリッジピンの素材は比較的安価なものとしてはプラスチック、合成樹脂などがありますが、中級以上のギターにはローズウッド、エボニー、などの「木材系」、牛骨、水牛の角、象牙などの「骨・角系」が使われています。一般的にはピン素材の堅さによりギターの音色も微妙に変わってきます。「木材系」は甘くソフトな音色、「骨・角系」はシャープで輪郭がはっきりした音色になります。さらにブラスなどの「金属系」はシャリ感とサステインが効いたソリッドトーンになります。又、「弦溝」の入ったタイプと入っていないタイプがありますが、現在では弦溝が入ったタイプが主流です。装飾面では白蝶貝などのドットが入っているタイプと、何も入っていないタイプがあります。ギター全体の外観バランスを考慮して、好みで選べば面白いかと思います。ドットのあるなしで音に影響はほとんど無いと考えて良いでしょう。

 

 

  ブリッジピンの調整について

ブリッジピンの調整については、まず、ブリッジの穴とブリッジピンのサイズが合うようにすることがあげられます。一般的にはブリッジ側で調整します。リーマーなどを使用して、ブリッジの穴を調整します。まずはピンが一番下までスムーズに入る大きさにします。次に弦を張った状態でさらに調整します。太い弦側では弦の太さでピンが十分に下に入らない場合があります。その場合は、ピンの溝を少し削って大きくします。

 

 

ご注文について お支払について キャンセルについて 返品・交換について 送料について 

 

 

 

アコースティックギターパーツネット トップページ | サイトマップ
サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します
©2015 アコースティックギターパーツネット