Jazz

ライオネル・ハンプトン

ライオネル・ハンプトン

「スターダスト」
MCA/Decca
ワーナーパイオニア
30XD-1093


ハンプトンの名演はスイング時代に多く残されている。B.G.楽団の一員としての録音や自己名義によるオールスター・セッションの数々。いずれもスイングファンの血を沸かせた。あえて1枚ということになると、スイングが全盛期を終えた時期の録音。ハンプトンの参加はタイトル曲のみというこのライブ盤を挙げる人も多い。これは1947年8月4日、ジーンノーマン主催のジャストジャズコンサートのライブ。チャーリーシェイバース、ウィリースミスら、スイング期を飾った名手たちとの共演。ジャムセッションの楽しさ、ハンプトンのバイブの多彩なアドリブの魅力を伝えて余すところがない。


1. スターダスト
2. ワン・オクロック・ジャンプ
3. ザ・マン・アイ・ラヴ
4. オー、レディ・ビー・グッド

1947年8月4日


コメントする

名前

URL

コメント

ページトップへ