Jazz

チャーリークリスチャン

「ミントンハウスのチャーリークリスチャン」
columbia
Esoteric
日本コロンビア 30CY-1436


チャーリークリスチャンは音楽一家に生まれます。トランペット、ピアノ、ベースなどを学んでいます。12歳の頃からギターを手にするようになります。プロ活動を始めたのは1931年15歳の時からです。1939年8月、ジョンハモンドの強い推薦によってベニ―グッドマン楽団に入団。以後彼は1942年3月の死までの短い期間をベニ―グッドマン楽団で過ごします。彼はモダンジャズギター奏法の道を築きます。彼がベニ―グッドマン楽団の枠を超えて思う存分に個性を発揮した最高傑作。この1941年5月、ミントンズプレイハウスにおけるジャムセッションの私家録音。若きガレスピー、モンク、ケニークラークらが共演。既にこの時点でバップが始動していたことを示す貴重な記録となっています。


・スウィング・トゥ・バップ
・サヴォイでストンプ
・アップ・オン・テディズ・ヒル
・ダウン・オン・テディズ・ヒル
・ガイズ・ガット・トゥ・ゴー
・リップス・フリップス
・スターダスト 1
・ケルアック
・スターダスト 2

1941年5月


コメントする

名前

URL

コメント

ページトップへ