戦前ブルース

Sun House & Charley Patton

Sun House & Charley Patton
「The Legendary Delta Blues Session」
Pヴァイン PCD 2250


1930年5月28日から数日にわたり、パラマウントレーベルの為に行われたセッションをまとめたもので、邦題通りの内容です。全編特上の水準で、まず聴くべきは、戦前の職業録音だったサンハウスの6曲。ブルースを歌う前は主に教会で歌っていたそうですが、その体ごと声が響くボーカルはやはりゴスペルの影響でしょうか。その響く声を絞り込んで歌う姿は、デルタブルース史でも最強のものです。ギターは弟子筋のロバートジョンソンに比べればシンプルですが、そのビートのヘビイさは凄いものがあります。


しばしばチャーリーパットンと共に録音しているウィリーブラウンの2曲も極上。ギターはデルタ一の弾き手の名に恥じなく、パットンに似た歌も一級品。女流ピアニスト、ルイースジョンソンの4曲も力強くパットンの4曲もベストの出来です。この時期の録音風景を想像しただけで溜め息ものです。カントリーブルースファン必携の1枚です。


01. All Night Long Blues

02. Long Ways From Home

03. Mississippi County Farm Blues

04. Clarksdale Moan

05. My Black Mama Part I

06. My Black Mama Part Ⅱ

07. Preachin' The Blues Part I

08. Preachin' The Blues Part II

09. M&O Blues

10. Future Blues

11. On The Wall

12. By The Moon And Stars

13. Dry Spell Blues Part I

14. Dry Spell Blues Part Ⅱ

15. Dry Well Blues

16. Some Summer Day Part I

17. Moon Going Down

18. Bird Nest Bound


コメントする

名前

URL

コメント

ページトップへ