戦前ブルース

The Songstar Tradition 1927-1935

「The Songster Tradition 1927-1935」
Document DOCO-5045


タイトル通り、ソングスター世代の人たちの演奏を集めた一枚です。貴重かつなかなか楽しい出来栄えです。バージニアのリュークジョーダンは、(15)や(20)でギターにラテン的ビートが出る辺り、実にユニークです。力を抜いた歌も独特で、ブルースの繊細さは味があります。(18)は有名なミンストレル曲。(1)~(6)のハル&リードは歌・ギター共にデュエットで、軽々したノリ。ヒットした「Bleck Snake Moan」の改作(5)をやるなど、彼らの性格が見えます。(7)(8)のクリーブランドは素朴なクウィル独奏と、達者なスライドギターを聴かしてくれます。


(9)~(12)のスミス夫妻は、デュエットのカントリーゴスペルですが、野卑なタンバリンが見事で、ブラインドウィリージョンソンとはまた趣味が異なります。最後に登場するラスキーは1935年と新しい録音ですが、(25)は彼が完全に古い世代だと示すものです。


1. Gang of brown skin women

2. Hey! lawdy mama - the france blues

3. Two little Tommie blues

4. Don`t you leave me here
5. Mama you don`t know how

6. Original Stack o`Lee blue

7. Quill blues

8. Goin` to leave you blues

9. I believe I`ll go back home
10. When that great ship went down

11. Everybody help the boys come home
12. Sinner you`ll need King Jesus
13. Church Bells Blues (take 1)

14. Church bells blues (take 2)
15. Pick poor Robin clean (take 1)
16. Pick poor Robin clean (take 2)
17. Cocaine blues

18. Traveling coon
19. My gal`s done quit me
20. Won`t you be kind
21. Framer`s blues
22. God didn`t make me no monkey man
23. How you want your rollin` done
24. Teasin` brown blues
25. Caroline


コメントする

名前

URL

コメント

ページトップへ