戦前ブルース

The Two Poor Boys

The Two Poor Boys
「Joe Evans & Arthur McClain」
Document DOCO-5044


南部音楽の万華鏡、とでも言える多彩な音楽。ジョーエバンスとアーサー・マクレインのコンビ、TWO POOR BOYSの素晴らしい共演が聴けます。低音のゆったりした声がジョー、高音で絞り上げた声がアーサーです。ギター、マンドリン、ピアノ、フィドル、カズ―をこなします。テネシー州東部で活動していたらしいですが、詳しいことは謎です。(8)(11)(15)(18)(19)といったストレートブルースやミシシッピシークスの(14)から、ミンストレル調の(1)(9)、バラードの(3)(4)、スピリチュアル(2)、センチメンタルな(10)、ワルツの(5)(6)、ヒルビリー調ダンス曲(7)(13)(16)(17)などまで、レパートリーは幅広いです。


それぞれの楽器の腕は見事で、完全にプロの音楽家として様々な聴衆の要求に応えていたと想像されます。黒人と白人音楽の融合ぶりあを伝える好例であり、何より溌剌とした演奏には、舌をまかざるを得ないです。


1. Little son of a gun

2. Two white horses in a line

3. John Henry blues

4. John Henry blues

5. New Huntsville jail

6. New Huntsville jail

7. Take a look at that baby

8. Mill man blues

9. Oh you son of a gun

10. Georgia rose

11. Early some morning blues

12. Cream and sugar blues

13. Old hen cackle

14. Sitting on top of the world

15. My baby got a yo-yo

16. So sorry dear
17. Sourwood Mountain

18. Down in Black Bottom
19. Down in Black Bottom

20. Shook it this morning blues


コメントする

名前

URL

コメント

ページトップへ