戦前ブルース

Henry Thomas

Henry Thomas
「King Of The Blues 10」
Pヴァイン PCD-2265


ヘンリートーマスはラグタイムテキサスを名乗っていましたが、その彼の1927年~1929年の現存する23曲をまとめたCDです。ここでのレパートリーは、バラード調のものからミンストレルナンバーまで幅広く、まさに典型的なソングスターとしての姿を見せています。(18)などはティンパンアレイ産の曲が元になっているということです。(6)では途中「Take Me Back」になり、後半は「Make ME A Pallett On Your Floor」になるという具合です。(2)はブルースと言いつつも不思議なサビがついています。このあたりは様々なレパートリーを身につけ、組み合わせていったソングスターの逞しさを感じさせます。コードをかき鳴らすギター、クウィルと呼ばれる笛の音、歌いっぷり、全て素朴な力強さがあり、これぞフォークアートと呼べるものです。


1. John Henry

2. Cottonfield Blues
3. Arkansas
4. The Fox And The Hounds
5. The Little Red Caboose
6. Bob McKinney
7. Red River Blues
8. Honey, Won't You Allow Me One More Chance?
9. Run, Mollie, Run
10. Shanty Blues
11. Woodhouse Blues
12. Jonah In The Wilderness

13. When The Train Comes Along
14. Bull Doze Blues
15. Don't Ease Me In
16. Texas Easy Street Blues
17. Texas Worried Blues
18. Fishing Blues
19. Old Country Stomp
20. Charmin' Betsy
21. Lovin' Babe
22. Railroadin' Some
23. Don't Leave Me Here


コメントする

名前

URL

コメント

ページトップへ