戦前ブルース

James Cole Group

The Tommie Bradley-James Cole Group
「1928-1932」
Document DOCD-5189


よく一緒に演奏していたと思われる、ギタリストのトミーブラッドリーと、フィドラ―のジェイムズコールが関係したアルバムです。1928年から1932年の録音を集めたもので、この二人が入っていない可能性ありの曲もあり、謎の部分もあります。ピアノとギターのみをバックにした女性シンガーの(3)(4)や、弾き語りに近いブラッドリーの曲もありますが、大半はギター・フィドル・マンドリン・ウォッシュボードなどのストリング・バンドの音が楽しめます。コール以外のメンバーは白人ということになっている、(1)(2)や(11)などはヒルビリーで、ティンパンアリー産という(13)(14)と共に、いかにもストリングバンドらしいです。有名な(22)の楽しさも格別で、個人的には同曲の数あるバージョンの中でも特に勝れているものです。(3)~(8)の女性歌手は今一つ面白味に欠けますが、ブラドリーのブルース(15)(17)(19)等は渋い味わいがあります。


1. Bill Cheatum

2. I got a gal

3. Old fashioned blues

4. Seven men blues

5. Try that man o`mine

6. Pay with money

7. Can`t get enough

8. Good and hot

9. Mama keep your yes ma`am clean

10. Everybody got somebody

11. Where you been so long?

12. Adam and Eve

13. Runnin` wild

14. Sweet Lizzie

15. Pack up her trunk blues

16. When you`re down and out

17. Please don`t act that way

18. I love my Mary

19. Four day blues

20. Undertaker blues

21. Mistreated the only friend you had

22. Nobody`s business if I do

23. Window pane blues


コメントする

名前

URL

コメント

ページトップへ