Japan Folk

加川良

滋賀県彦根市出身。 1970年代、アート音楽出版に入社します。 高田渡、岩井宏、岡林信康、高石ともやらの影響を受けます。 彼はフォーク・ソングを唄い始めます。 1970年の第2回中津川フォークジャンボリーでは飛び入りで「教訓I」を発表。 そこで一躍人気者となります。 後に、「教訓II」なぎらけんいちや、「教訓110番」三上寛などを発表。 パロディー作品も発表してゆきます。


アルバム『教訓』(1971年)でURCからデビュー。 「こがらし・えれじい」「偶成」を含む『親愛なるQに捧ぐ』(1972年)。 中川イサトとのライヴアルバム『やぁ。』(1973年)をたて続けに発表。 また1972年、よしだたくろうの代表作『元気です。』に彼の曲が収録されます。 「加川良の手紙」(作詞・加川良、作曲・吉田拓郎)という曲です。1974年ベルウッドから名作『アウト・オブ・マインド』を発表。


1975年中川イサトの神戸市長田区でのオムニバスライヴに参加。 『鼻歌とお月さん』のレコーディングとなります。 いとうたかお・大塚まさじ・金森幸介・シバ・西岡恭蔵と参加します。 その後も石田長生らをバックに従えた『南行きハイウェイ』(1976年)。 レイジー・ヒップとの『駒沢あたりで』(1978年オレンジレコード)を発表。 1990年代『ONE』、『2』を発表。


岡林信康が一線から退いたのち、ある議論がおこりました。 それは吉田拓郎と並んで“どちらがBIGになるのか”ということです。 彼は拓郎ほどの一般的名声を得ることはありませんでした。 現在では前述の拓郎の曲「加川良の手紙」で歌われた人物として知られます。 拓郎がポップに変わっていくのとは正反対の路線をたどります。 ストイックに自らの音楽に忠実に、お金にならない歌を歌い続けました。



++++++++++

「教訓」

URC

1971年

++++++++++

1. 教訓I
2. できることなら
3. 悲しい気持ちで
4. 夜明け
5. 戦争しましょう
6. その朝
7. 求めます
8. 妹に送る唄
9. あきらめ節
10. 赤土の下で
11. ゼニの効用力について
12. 伝道


コメントする

名前

URL

コメント

ページトップへ