Jazz

バーニーケッセル


-----------
//////////////
Jazz Evergreen Collection 1950'
//////////////
「イージーライク」
バーニーケッセル
Contemporary
ビクター VDJ-1625
------------

ケッセルの初リーダー作にして代表作のトップに挙げられる名盤です。他に別ジャケットのものもあります。バド・ジャンクを含むクインテットによる1953年の2セッション8曲と、バディコレットを含む同編成による1956年の(1)(8)(11)(12)で編成されていますが、ジャズギターの祖であるチャーリークリスチャンに捧げた名オリジナル(7)のブルービーな演奏が一番の目玉です。クリスチャンの後継者No.1の地位を確立した演奏と言えます。

これは管楽器がなしですが、フルートの入る(1)(3)(5)(8)のユニークなサウンドも聴き物です。本作をNo.1とする「プレイズスタンダード」「トウスイング オア ノット」の3部作、さらに「お熱いのがお好き」などが1950年代の彼の定番です。


1. Easy Like

2. Tenderly

3. Lullaby Of Birdland

4. What Is There To Say?

5. Bernardo

6. Vicky's Dream

7. Salute To Charlie Christian

8. That's All

9. I Let A Song Go Out Of My Heart

10. Just Squeeze Me

11. April In Paris

12. North Of The Border

13. Easy Like

14. North Of The Border

コメントする

名前

URL

コメント

ページトップへ