#7115 【バインディング】 セルロイド 茶ベッコウ柄 厚み2.0mmx高さ7mmx長さ140cm 076H ボディ外周用 保護装飾 製作補修 アクセント セルフリペア <送料200円ポスト投函>

価格: ¥459 (税込)
数量:
在庫: 9個

星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 5.0 (1件)

twitter

バインディングとはギター本体の外周を覆うもので、セルロイドと呼ばれる素材で、樹脂を粘度細工のように練って柄をつくったものです。プリントのように表面だけに柄があるのでなく、中まで柄があるものは現在こちらのみです。セルロイドは危険物ですので、火気には十分ご注意ください。 「巾7mm」とはボディーのサイドから見た場合の高さにあたります。また「厚み2.0mm」とはボディーの前方から見た場合の太さにあたります。長さについては、平均的なギターには2本必要です。

■ 仕様 : ギター製作用
■ 材質 : セルロイド ( 合成樹脂 )
■ サイズ : 厚み2.0mm x 高さ7mm x 長さ140cm
■ デザイン : 茶べっ甲柄

クリックポスト扱い商品
メール便扱い商品

代金引換をご利用の場合

価格・仕様変更について

お客様の声

にしやん様 投稿日:2017年08月22日
おすすめ度:
とても早い対応ありがとうございますとても気に入ってます、

お店からのコメント

この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。オールド、ビンテージな雰囲気を出すのに適しているべっ甲柄のバインディングです。木製と比較すると曲げやすく加工もしやすいです。バインディングは部分的な補修より、全体を交換したほうがうまくゆきやすいです。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。ありがとうございました。


■ バインディングの取付け方    

作業時間の目安は2時間程度です。使用する用具は、ベンディングアイロン、やすり、カッター、タイトボンド、布、輪ゴム、カンナ、スクレーパーなどです。バインディングはプラスチック、木材などがありますが、ここではローズウッドの場合で説明します。ブラスチックの場合は比較的簡単にそのままで接着できますが、ローズウッドの場合は一担アイロンでボディの曲線に曲げておく必要があります。側板を曲げる時に使用したベンディングアイロンをここでも使用します。曲げ方は側板よりは簡単ですので、それ程時間は掛からないでしょう。  

微調整が済んだら溝にローズウッドをはめてみます。きっちりはまらない部分は、やすりなどで調整します。ここまで出来ましたらパーフリングの時と同様に接着してゆきます。素早く接着剤をつけて接着し、輪ゴムでボディをぐるぐる掛けます。はみ出しているタイトボンドは湿った布でふきとっておきます。これで1日おきます。ゴムを外して形を整えます。スクレーパーやサン ドペーパーで仕上げをします。  

ページトップへ