#7112 【バインディング】 マホガニー材 厚み2mmx高さ.5mmx長さ85cm ボディ外周用 保護装飾 送料1100円ヤマト宅急便

価格: ¥285 (税込)
数量:
在庫: 146個

レビューはありません

twitter

「バインディング」はギター本体の外周を覆うもので、材質はマホガニー材です。木材の色としては茶系で少し明るめ、渋い雰囲気が出ます。マホガニーのバインディングはあまり使われませんが、いい雰囲気になるのでお薦めです。「幅5mm」とは、ボディーのサイドから見た場合の高さにあたります。また「厚み2mm」とはボディーを前面から見た場合の太さにあたります。「長さ850mm」については、片巻きできるだけの長さです。1台のギターには2本のバインディングが必要です。熱を加えながらボディのシェイプに曲げてゆきます。パーフリングとバインディングは素材を合わせると自然なまとまりになります。

■ 仕様 : アコースティックギター用
■ 材質 : マホガニー
■ 長さ : 850mm
■ 幅 : 5mm
■ 厚さ : 2mm

送料 1500円

メール便不可商品、宅急便扱い

価格・仕様変更について


■ バインディングの取付け方    

作業時間の目安は2時間程度です。使用する用具は、ベンディングアイロン、やすり、カッター、タイトボンド、布、輪ゴム、カンナ、スクレーパーなどです。バインディングはプラスチック、木材などがありますが、ここではローズウッドの場合で説明します。ブラスチックの場合は比較的簡単にそのままで接着できますが、ローズウッドの場合は一担アイロンでボディの曲線に曲げておく必要があります。側板を曲げる時に使用したベンディングアイロンをここでも使用します。曲げ方は側板よりは簡単ですので、それ程時間は掛からないでしょう。  

微調整が済んだら溝にローズウッドをはめてみます。きっちりはまらない部分は、やすりなどで調整します。ここまで出来ましたらパーフリングの時と同様に接着してゆきます。素早く接着剤をつけて接着し、輪ゴムでボディをぐるぐる掛けます。はみ出しているタイトボンドは湿った布でふきとっておきます。これで1日おきます。ゴムを外して形を整えます。スクレーパーやサン ドペーパーで仕上げをします。  

ページトップへ