#7004 【バックセンター】 ウッド材 ヘリンボーン 茶

価格: ¥210 (税込)
数量:
在庫: 10個

星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 星なし 4.0 (1件)

twitter

ギター裏板の張り合わせ部分に使うもので「バックセンター」と言います。柄は有名な「ヘリンボーン」です。寄木された板状のものをカンナで1.0mm厚に挽いたものです。無駄が無く経済的です。使い方は既にブックマッチされている裏板に溝を彫り、そこへ埋めてゆきます。 材質はウッドですのでバインディングやパーフリングもウッド系でまとめるとバランスが良いでしょう。全てヘリンボーン柄でまとめるのも面白いでしょう。バックセンターとパーフリングとバインディングは素材を合わせると自然なまとまりになるはずです。

■ 仕様 : ギター製作用
■ 材質 : ウッド
■ サイズ : 幅4.5mm x 厚み1mm x 長さ530mm
■ デザイン : ヘリンボーン茶

送料 880円 

メール便不可商品、宅急便扱い

代金引換をご利用の場合

価格・仕様変更について

お客様の声

コマツ様 投稿日:2016年11月01日
おすすめ度:
現在、製作中のスチール弦のアコースティックギターに使用しました。2本目を作ることを想定して購入しました。マホガニーのバックにはとても良く合います。ビンテージの雰囲気を醸し出します。

お店からのコメント

このバックセンターは全体が茶系ですので、シックでビンテージ感を表現するのに適しています。派手さを抑えた装飾は飽きが来なく品がありますね。又何かありましたらお気軽にご利用くださいませ。この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございました。


■ バックセンターシーム ( パーフリング ) の取付け方  

ギター裏板の継ぎ目にバックセンターを埋め込みます。柄としてはストライプ、モザイク、ヘリンボーンなどがありますが、全体のバランスと好みで選択して良いでしょう。まずは張り合わされた裏板中央に、ルーターで溝を掘ります。深さは1mm程度が良いでしょう。バックセンターの幅に合わせた刃をルーターに取付けます。ルーターをまっすぐに動かせるよう、ガイドをルーターの両端に付けます。まっすぐな当て木を裏板に固定してルーターがスムーズに動くか確認します。当て木が出来たら慎重にルーターを動かします。溝が掘れたらバックセンターシームを入れ、カンナやナイフで余分に出ているバックセンターシームを削ります。

ページトップへ