#2706 【サドル】 牛骨 ボーン 無漂白 オイル漬 基準音質 シャリ感 3mmx85mmx10mm <送料160円ポスト投函>

価格: ¥800 (税込)
数量:
在庫: 3個

星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 星なし 4.0 (8件)

twitter

オイル漬けで漂白されていない、厚みが3mmの牛骨サドルです。材質的には中級以上のギターに使用されています。リペアやグレードアップには標準の素材と言えます。音色は堅過ぎず、柔らか過ぎず、オールマイティに使用できます。クリーム色系の色合いで、漂白されていないため油分が多少あり、弦との摩擦が少ないタイプです。ビンテージの雰囲気も出せます。

サドルは弦の振動を直接受ける重要な役割を持っているパーツですので、素材にはこだわりましょう。

■ 仕様 : アコースティックギター用
■ 材質 : 牛骨 ( BONE )
■ 素材 : ソリッド
■ サイズ : 厚さ3mm x 長さ85mm x 高さ10mm
■ 漂白 : なし オイル漬け
■ 研磨 : 無し
■ カット : ラフカット

クリックポスト扱い商品
メール便扱い商品

代金引換をご利用の場合

価格・仕様変更について

お客様の声

BUNN様 投稿日:2014年11月20日
おすすめ度:
「サドル 牛骨漂白 カーブ 82x3x10.5」と一緒に購入しました。
当初こちらをメインに整形しようと思いましたが、オイル漬けの状態を確認して、予備の方になってしまいました。
物が悪いということではなく、オイル漬けを整形するということは、それなりに大変そうということです。
こんど時間を作って挑戦をして見ようと思います。
オイル漬けとの音の違いも興味がありますので。

お店からのコメント

この度は当店をご利用頂き誠にありがとうございます。漂白サドルとオイル漬けサドルの違いはやはり油分がどれくらいあるかということで、漂白は白色を意識するため油分を抜き、オイル漬けは油分を増やすために漬けたものということになります。摩擦の具合はよくわかると思いますが、サウンド面の違いはあまりないかもしれません。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

坂ちゃん様 投稿日:2014年11月04日
おすすめ度:
思い通りの商品でした。

お店からのコメント

オイル漬けされたサドルですが十分に漬けこんでありますので、色あいが油分をたっぷり含んだ感じになっていますね。これでチューニングの面で最大の効果が得られます。チューニングの際に出る異音が防げますので安心です。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。この度はどうもありがとうございました。

おさかな様 投稿日:2014年05月13日
おすすめ度:
元々付いていた樹脂製のものと交換しました。
音の伸びが良くなりましたね。
少し特殊なギターだったためか欲しいサイズがなかなか見つからなくて
ここのショップにたどり着きました。
種類が豊富で助かりました。

お店からのコメント

プラスチックやナイロンなどの樹脂を牛骨のものに換えると、音が締まってサステインが向上します。サドルだでけなくナットも交換するとその効果はさらに大きくなります。当方ではサイズも豊富に取り揃えていますので、どうぞこれからもご利用ください。この度はどうもありがとうございました。

もっと見る



    サドルについて

サドルの素材は安価なものとしてはプラスチックがありますが、中級以上のギターには牛骨材が使われ、さらに最高級のギターには象牙材が使われています。最近ではABSやブラス(真鍮)、カーボン、セラミックなどの新素材も使われるようになっています。「 牛骨」が最も弦楽器に適しているという意見もあれば、ギターを作った人々の身近にあった素材がたまたま牛骨であっただけで、 素材として最適とは限らないという意見もあります。

とは言っても、牛骨は古来より永く使われ続けていることには間違いなく、サドルの基準となる素材としての評価は十分あります。言わば「サドルの定番」としてまずはその特性を十分理解し、さらに他の素材を試してゆくというのが良いと思われます。又、象牙材は最高品質の材として広く知られ、音質的にもギターに非常に適した材として人気があります。ギターを最高の状態に近づけるグレードアップには、この象牙材を使用することが近道と言えます。

一般的に弦楽器が音を奏でるには、弦の振動が必要です。弦を振動させるには、弦を張り、その両端に楽器本体から弦を浮かせるものが必要となります。ナットは、指板(フィンガーボード)の上の端で、弦を乗せる台として使われるパーツです。 又、サドルは、ボディの下部のブリッジ側で、これもまた弦を乗せる台として使われます。

これらのパーツは音色にかなりの影響を及ぼし、硬めの素材を使えばサステインが向上しますが音の広がりは狭くなります。 反対に柔らかめの素材では、甘いトーンとなり、音の広がりが向上しますがサステインは抑えられる傾向となります。


    サドルの成形ついて

サドルの成形については、既にブリッジに開けられている溝にサドルが合うかをまずチェックします。最初のチェックは厚みが合うかです。ブリッジの溝は3mm程度ですので、サドルもこの厚みに調整します。 厚みが調整できたら次は長さを合わせます。これは、ブリッジの原寸で合わせ、両端を丸めます。鉛筆で少し長めに線引きをしておき、バイスに固定して切ります。

長さが決まったら次は高さです。高さはブリッジにサドルを付けて4mmぐらい上になるように調整しておきます。上部はフィンガーボードのカーブ ( R ) に合わせて若干のラウンドを付けておきます。そして若干の丸みをヘッド、エンド方向にもつけておきます。サドル底部が平らになっていて、ブリッジの底にぴったり付くかどうかもチェックします。

ここにすき間があると音の伝達が弱くなります。ここの段階ではサドルの高さを、取り合えず4mmの高さにしておき、後で調整するという流れになります。弦高は僅かの違いで弾き易さがかなり違ってきますので、僅かずつ調整してゆきましょう。最終調整は弦を張ってオクターブチェックをしながら行います。

オクターブ調整は弦長の僅かな狂いを調整するもので、12フレット上のハーモニックスと押弦の音程の差を、サドル山の位置をずらすことで最小限の狂いに調整します。ハーモニックスより押弦のほうが高音の場合は、サドル山を後方に、その逆の場合はサドル山を前方に移動させます。


    作業工程順の例

1 厚み調整
2 長さ調整
3 高さ調整
4 オクターブピッチ調整



ご自分でやるリペアに行き詰まったら専門店にお任せください !!


ページトップへ