#2120 【ピックガード】 ピックガード ビンテージホワイト シート

価格: ¥980 (税込)
数量:
在庫: 1個

星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 5.0 (2件)

twitter

少しクリーム色が掛かったビンテージホワイトで、個性的なギターにおすすめします。サイズは220mm x 290mm x 1.2mm でドレッドノートやジャンボタイプには2枚のピックガードが取れます。スモールタイプやパーラータイプには3枚のピックガードが可能です。裏に接着剤が付いていますので、シールをはがして簡単に取り付けられます。

■ 仕様 : アコースティックギター用
■ 材質 : 合成樹脂
■ 色 : ビンテージホワイト
■ サイズ : 220mmx290mm
■ 厚さ : 1.2mm
■ 接着剤 : 付き ( 裏面 )
■ 保護シール : 付き ( 表面 )

クリックポスト扱い商品
メール便扱い商品

代金引換をご利用の場合

価格・仕様変更について

お客様の声

佐々木ヒロユキ様 投稿日:2017年05月09日
おすすめ度:
ギブソンJ-45のピックガードの自作用に注文させていただきました。少しクリームがかった色味で良い感じです。価格が低めなので、どうかなと思いましたが、厚みもそこそこあるので、安っぽさは皆無です。
shopの対応も非常に迅速丁寧で好印象でした。
また機会があれば利用させていただきます。

お店からのコメント

この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。個性的な色合いですが、ギブソンJ45に似合う雰囲気を持っていますね。レトロな感覚も出せるのではないかと思います。ご自分で取り付けられるようですが、カット後に周辺のサンディングを実施する際、接着剤が付いている部分にゴミが付着しやすいというご意見があります。サンディングをする際には接着面からシールが剥がれないよう、サンディングの方向を裏面から表面...>>続きをみるへ向けて動かすことで、かなり防げると思います。ピックガードの貼付について何かありましたらお気軽にご連絡ください。それでは又のご利用をお待ちしています。ありがとうございました。>>閉じる

松様 投稿日:2016年11月09日
おすすめ度:
厚みは程よくありますが、成型しやすくイメージ通り仕上がりました。
B-25タイプのエントリーモデルを自ら 黒く塗装し、このピックカードを貼り付けましたが、純白よりもビンテージ感があり気に入ってます。

貴店の対応も丁寧迅速で感謝致しております。

お店からのコメント

ご自分でピックガードを成型して取り付けられたご様子ですね。GibsonB-25は小ぶりなモデルですがビンテージ感が出せたのではと思います。ギブソン系のモデルに合うのかもしれませんね。厚みも1.2mmと少しありますので、しっかりした感じになると思います。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。この度は当店をご利用誠にありがとうございました。


■ ピックガードのトラブルについて

ピックガードのトラブルとしては、「縮み」と「剥がれ」とそれに伴うトップの「割れ」が全てと言って良く、ピックガードが縮むと当然、「塗装」にヒビが入りピックガードの周りに縮んだ分のすき間が出来ます。その部分の木地が剥き出しになり、さらにピックガードと下の木地の間にすき間で出来ると、下の木地も剥き出しになります。重症になりますと、ピックガードが縮む際にトップを引っ張って「割れ」を誘発したり、ピックガードと共にトップが変形し波打ってしまう場合もあります。

主なトラブルとしては、オーバーラッカー塗装の場合、ピックガードが単に少し縮んだだけのものから、周辺部が反ってまくれ上がったもの、剥がれかかっているもの、完全に剥がれたもの、ピックガードの周辺やトップに「割れ」が生じているもの、ピックガードと共にトップが変形して波打ってしまったもの、さらにプレースのXバーから剥がれてしまったもの等、いろいろあります。トップがプレースから剥がれますと、ギターの音に力がなくなってしまいます。ピックガードはティアドロップの幅広い方の縮みが目立ち、「割れ」はピックガードの縁の部分で起こることが多いです。木とピックガードの材質の収縮率が違うからでしょう。ピックガードが反る原因はピックガードに施された塗膜も影響しているようです。ピックガードのトラブルは症状が軽いうちに対処すれば大事に至らないので早く処置するようにしましょう。


■ ピックガードのトラブル処理について

まず、トラブルの状態をよく観察します。サウンドホールから小さい鏡を入れ、トップやプレースに影響していないかまで見ます。不運にもトップやプレースにまで影響していれば、ピックガードだけでなく、トップやプレースの処置も必要になります。幸運にもトップやプレースに剥がれや割れがなければ、ピックガードのみの交換だけで済みます。

実際の修理については、多くのギターの場合新しくピックガードを貼るのが一番簡単で仕上がりもきれいです。元の材料を取り除き、新たなピックガードが古いものにぴったりと貼りつくようにします。トップに割れや反りがある場合は接着する際に、水平垂直両方向から「万力」で押して平らになるよう「割れ止め」を当てます。塗膜の上に材が乗るとうまくゆかないので、オリジナルのライン内にぴったりはまるように調節します。

ページトップへ