アコースティックギター@パーツ.net

ご注文 order お支払い payment キャンセル cancel 返品・交換 returned goods , exchange 送料 carriage 事業内容 activity 特定商取引   Act on Specified Commercial Transactions 個人情報保護  privacy policy ブログ blogお客さまの声 voice of customer

ホーム home << リペア repair << リペア承り例5 8 7 6 5 4 3 2 1    

 

 

 

 愛知県

 

#0071 

Gibson B-25

ブリッジ交換

小ぶりなボディのギブソンB-25です。スケールもボディのバランスを考慮して短くなっています。ドレッドノ―ト650mmや、トリプルオーの630mmよりもさらに短くなっています。今回のリペアは既にオリジナルのプラスチックブリッジからマーチンのベリーブリッジタイプに変更されているものを、オリジナルに近い形状のブリッジを再作成し取付け直すという内容です。このB-25のブリッジはマーチンのベリーブリッジタイプと比べると正反対の形状で、オリジナルとはかけ離れた感じとなっています。これを元の形状のブリッジに作り直すことで、よりオリジナルなギターに戻すことが狙いです。ダボ穴が2つ空いていますが、今回はダボを使わず、オリジナルより僅かに大きめばブリッジを作り作り、強度を確保します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 愛知県

 

#0070 

Yamaha FG-110

フレット交換、指板の減り修正

恐らく60年代と思われるヤマハギターです。フォークタイプで一番廉価な合板ギターですが、単板に負けない艶のあるいい音がしています。程度も良好でこの年代のものとしては珍しいくらいの状態です。今回はフレット交換を行い、握力の小さい女性に向いたセッティングを行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 愛知県

 

#0069 

Yamaha LS-10

サイド・バック再塗装、ブリッジピン交換

反応が良いヤマハギターです。レスポンスが良く軽く弾くだけでも音が前に出ます。今回はサイド・バックに白濁が見られる部分のリペアがメインです。経年のうちに生地と塗膜の間に水分が入りそれが白濁となって表面が目立っています。オウナーは音は申し分なく、この白濁が気になるので今回のリペアとなりました。ウレタン塗装を慎重に剥がし、白濁がないオイルフィニッシュを行いました。オイルは桐油を使用しました。ナチュラルで自然な風合いに仕上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 岐阜県

 

#0068 

Gibson LG-1 1968年

ブリッジ剥がし

古いギブソンギターです。ピックガードは付いていなく、ブリッジは薄く調整されていますが、今回はブリッジ剥がしの依頼です。どんな音がするか聴けないのが残念ですが、きっとギブソンらしい枯れた音がすることでしょう。小ぶりなボディなので取り回しも良いギターですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 岐阜県

 

#0067 

Tokai Cat's Eye CTM-100

トップ膨らみ修正

このギターはMartin D-28モデルですが、木目が詰まってまっすぐなとてもいい材料が使われています。オウナーはMartin D-28も所有されていますが、このギターは本家のマーチンギターと殆ど遜色ない音がしているそうです。良質な材料が使われ、作りも丁寧ですので、本家と遜色ないサウンドというのはうなずけます。トップの膨れは重症ではなく軽症の部類ですが、今のうちに症状を改善しておけば、今後の悪化を最小限にとどめることが可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 岐阜県

 

#0066 

Martin 00-18 1961年

トップ割れ修正2箇所

ビンテージの部類に入る古いマーチンギターです。経年変化でピックガード周辺に2箇所割れがあり、その修復を行いました。接着剤にはニカワを使い音質に影響がないよう慎重に修復します。一度のクランピングでは割れが修復できないので、何回にも分けて行います。どんな音がするか興味がありましたが、弦もブリッジピンも無い状態での納品でしたので、今回は残念ながら音が聴けませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 千葉県

 

#0065 

Morris MF-201

トップ膨らみ修正、ネックゆがみ・反り修正等

古いモーリスギターです。思い出の詰まったギターとのことで、今回はトップ膨らみ修正、ネックゆがみ・反り修正、象牙ナット・サドルに交換、ペグ交換をしました。丁寧に扱われていたので外観はとても綺麗ですが、経年変化でトップの膨らみ・ネックの反りが発生しています。どちらも時間を掛けて修復します。

 

 

先日、Morris MF-201をリペアして頂きました山本です。受け取りから2週間経ってしまいましたが、感想を・・・ 以前に比べて、驚くほど良く鳴るようになりました。ナットとサドルを交換すると、こんなに鳴りが変わるのですね。また弦高を低めに調整して頂いたお陰で、大変弾き易くなりました。エントリーモデルのギターにかなりの費用をつぎ込みましたが、リペアし頂いて本当に良かったと思っています。これからは、弾き終わったら弦を緩めて保管するように心がけて、末永く大事に付き合っていこうと思っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 長野県

 

#0064 

チャキ  W-5

ブリッジ削り、インレイ再生、ネック調整等

珍しいチャキのギターで、ギブソンJ-200モデルと思われます。ギブソンモデルらしく太い音がしています。今回は表板ブレーシングの割れ補修、ブリッジ削り補修、インレイ再生、牛骨ナット・サドル交換、ネック調整、サイドポジション入れ、以上を行いました。リペアが終了したその日に、早速このギターを使ってライブをされました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 三重県

 

#0063 

Martin OM-28

トップ膨らみ修正、ブリッジ隙間接着

最近のかなり綺麗なマーチンギターです。ビンテージ感が渋いギターですが、今回はブリッジの浮きとトップの膨らみ修正を行いました。外観は新品に近いので特にリペア周辺でキズ等を付けないようにとても気を使いながらの作業となりました。表板の膨らみ具合は比較的軽度のものですが、早めの処置で今後に向けての安心が高まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 岐阜県

 

#0062 

スズキ クラシック No.700

表板割れ補修、牛骨ナット・サドル交換

古いクラシックギターのリペアです。ボディ内部のブレーシング剥がれ補修、牛骨ナット・サドルの交換を行いました。良く弾き込まれていて、軽い音が出ています。ナット・サドルをプラスチックから牛骨に変更したことによって、サウンドがさらに向上しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 岐阜県

 

#0061 

Martin DM-12

ピックアップ取付け、ネックそり補修

枯れてかなりいい音がするマーチン12弦ギターです。12弦ギターには珍しく逆反りになっていたので、まずはフレットだけですり合わせを行いますが、十分な効果がなかったので、器具を使いネックの逆反りを改善しました。他にピックアップを取付けて終了です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 静岡県

 

#0060 

Taylor 314ce 2010年

1〜5フレット交換、ナット・サドル交換、トップきず補修

かなりいい状態のテイラーギターです。弦高もぎりぎりまで下げられていて、演奏性を重視したセッティングがされていました。今回はローフレットでのすり減りがありフレット交換、ナット・サドルを牛骨に変更、トップのキズ補修を行いました。ブリッジピンも水牛角のものに交換しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お見積り、リペア承りのギターを掲載させて頂いてます。
ご了承をお願い致します。

HOME << リペア << リペア承り例 8 7 6 5 4 3 2 1

 

 

 


Copyrights 2017 株式会社レミユ all rights reserved

当サイトにおける内容の無断使用を禁止します