アコースティックギター@パーツ.net

ご注文 order お支払い payment キャンセル cancel 返品・交換 returned goods , exchange 送料 carriage 事業内容 activity 特定商取引   Act on Specified Commercial Transactions 個人情報保護  privacy policy ブログ blogお客さまの声 voice of customer

ホーム home << Q&A その他

 

このコーナーの回答は、当方のギター製作体験に基ずくものです。ギターには個体差があり、ここに記されています事項を実施されましても、十分な効果が得られない場合がございます。又、内容によっては熟練を要するものもあり、万一、ご自分で実施され不慮のトラブルが生じましても当方ではその責任を負いかねます。どうかご了承下さいませ。  

 

 

 

ペグのガタつきの原因は内部のパーツのかみ合わせが狂っていることが考えられます。永く使用してきたギターであれば、経年変化である程度仕方のないことかもしれません。消耗部分と割り切って、ペグの交換をお勧めします。ペグは主にその重量で音も変化しますので、交換する場合に音質の面も考慮して交換すると良いと思われます。一般的には重量の軽いペグは高音域が向上しブライトな音になります。重量の重いペグはサステイン (音の伸び) が向上すると言われていますので、今のギターで不足してしる部分を補う、又は向上させることも考慮して、ベグを選択されるのが良いと思います。 当然デザインの好みもありますので、デザインと音の両面から気に入ったものを選ぶのがベストと思われます。メーカーはGotoh製がお勧めです。価格も手頃、品質も申し分ないです。

【参考パーツ】 ペグ

 

 

ペグの中には動きが堅くなった時。オイルが注入できるものがあります。ギヤー等がむき出しのいわゆる「オープンギヤー」タイプは油を差すと多少動きが改善されます。カバーでおおわれている「ロトマチック」タイプは油は差せません。この場合はペグの交換となります。ギター購入時からペグの動きが堅い場合は、ペグそのものの不良か、ストリングポストの穴が傾いていることが考えられます。

【参考パーツ】 ペグ

 

 

弦高が低い場合はナット又はサドルの交換を行います。ナットを外す時は、付近の塗装がはがれてしまわない様に注意が必要です。カッターで塗装に切れ目を入れてから力を加えて外します。力はヘッドに向かって行います。ナットに当て木をして付近に傷がつくのを防ぎます。高さの調節は多少高めに設定し、少しずつ削って適正にしてゆきます。

【参考パーツ】  ナット  サドル  製作ツール

 

 

弦が切れる原因は、ナット溝が不適切、弦の巻き方が正しくない、ペグの弦を通す穴がとがっている、などがあります。ナット溝については、ナットを交換し、弦が溝にうまく入るように調整します。弦の巻き方が悪い場合は、丁寧に弦を巻くように心掛けます。ペグの穴の角がとがっている場合はヤスリで削ってなめらかにすれば、弦が切れるのを防ぐことができます。

【参考パーツ】  ナット  製作ツール

 

 

 


Copyrights 2017 株式会社レミユ all rights reserved

当サイトにおける内容の無断使用を禁止します