アコースティックギター@パーツ!

ご注文 order お支払い payment キャンセル cancel 返品・交換 returned goods , exchange 送料 carriage 事業内容 activity 特定商取引   Act on Specified Commercial Transactions 個人情報保護  privacy policy ブログ blogお客さまの声 voice of customer

ホーム home << ギターの作り方 guitar_making << フィンガーボードをネック に取付ける

 

 

フィンガーボードをネックに取り付ける

 

 

  約3時間

 

 クランプ、当木、ニカワ、へら、ガンタッカー

 

  接着時に接着面がずれないようにガンタッかーの 針を利用します

 

 

さあ、だんだんと部材、部材の接合の段階になってきました。部分部分が繋がってきて、ギターらしい形になってきます。この工程の頃から、ついつい早く完成したいとの思いで作業が雑になりがちですが、はやる気持ちを抑えて抑えて、じっくり取り組みましょう。焦るとせっかくのギターの出来栄えが落ちますよ。ペースは早めないで、今まで通りのペースを保ちましょう・・・

フィンガーボードをネックに取り付ける前に、接着時のズレを防ぐための工夫をしましょう。一般のホチキスより強力な「ガンタッカー」を用意します。ガンタッカーはホームセンターで2〜3千円くらいで売っています。これを使って針をフィンガーボードの裏に2箇所打ち付けます。打つ場所は3フレットと10フレットあたりで、フレットとフレットの間に打ちます。多少浮かして打ち、上部をニッパーで切り、2mmほど残しておきます。これで針が2本ささっているような状態になります。この針のような形でフィンガーボードをネックに付ける時のズレが防止出来ます。ネックの接着面が平らになっているか再度確認し、なっていなければカンナやヤスリで調整しておきます。ネックとフィンガーボードの接着面にニカワを薄く均等につけて接着です。フィンガーボードの上につける当木を用意します。上部に使用する当木はネックの大きさと同様のものにします。厚みは2cmぐらいでフレットが当たらないように溝をつけておきます。ニカワをつけたら、フィンガーボードをネックにつけて、浮きがないように押さえます。次に当木を使ってクランプで圧着していきます。クランプは5〜6本使用します。接着面にズレがないかチェックしながらクランプを除々に締めてゆきます。はみ出したニカワは水を含んだ布でふき取ります。この状態で1日おいて完成です。

 

 

 

 

 

 


Copyrights 2017 株式会社レミユ all rights reserved

当サイトにおける内容の無断使用を禁止します