アコースティックギター@パーツ.net

ご注文 order お支払い payment キャンセル cancel 返品・交換 returned goods , exchange 送料 carriage 事業内容 activity 特定商取引   Act on Specified Commercial Transactions 個人情報保護  privacy policy ブログ blogお客さまの声 voice of customer

ホーム home << ギターの作り方 guitar_making << 側板エンド側の継ぎ目を埋め込む

 

 

側板エンド側の継ぎ目を埋め込む

 

 

 2時間

 

 のこぎり、カッター、のみ、カンナ、スクレーパー、 サンドペーパー、タイトボンド、へら、

 

  溝は少し狭くしておいて、あとで調節するときれいに仕上がります。

 

 

ブロックがついたら、次は側板エンド側の継ぎ目を埋め込みます。埋め込むものはマホガニー又はエボニー、ローズウッドなど、好みの材料で構いません。他の部位で使用して残った端材で十分です。私はエボニーの端材があるので、当分はこれを使います。寸法は幅1cm X 厚さ3mm X 長さ11cmです。側板に中心線を意識しながら10mmの幅を鉛筆で描きます。次にのこぎりで線より1mm内側を、慎重に3mmの深さまで切ります。この2本ののこぎり線の中を細いノミやカッターで削ります。そして、継ぎ目材がきっちり埋め込めるようにカッターなどで調整します。接着剤はフランクリンタイトボンドで良いでしょう。クランプで圧着して半日おきます。接着できたら、スクレーパーで余分な部分をなくします。次にサンドペーパーで仕上げをしておきます。慣れてきたら、ストライプなどを継目材の両端につけてみても構いません。

 

 

 

 

 

 


Copyrights 2017 株式会社レミユ all rights reserved

当サイトにおける内容の無断使用を禁止します