アコースティックギター@パーツ!

ご注文 order お支払い payment キャンセル cancel 返品・交換 returned goods , exchange 送料 carriage 事業内容 activity 特定商取引   Act on Specified Commercial Transactions 個人情報保護  privacy policy ブログ blogお客さまの声 voice of customer

ホーム home << ギターの作り方 guitar_making << バインディングをつける

 

 

バインディングをつける

 

 

 2時間

 

  ベンディングアイロン、やすり、カッター、タイトボンド、布、 輪ゴム、かんな

 

  溝にぴったりとバインディングが入るように調整します。

 

 

パーフリングが付いたら今度はバインディングを付けます。バインディングはプラスチック、木材などがありますが、ここではローズウッドを使います。ブラスチックの場合は比較的簡単にそのままで接着できますが、ローズウッドの場合は一担アイロンでボディの曲線に曲げておく必要があります。側板を曲げる時に使用したベンディングアイロンをここでも使用します。曲げ方は側板よりは簡単ですので、それ程時間は掛からないでしょう。微調整が済んだら溝にローズウッドをはめてみます。きっちりはまらない部分は、やすりなどで調整します。ここまで出来たらパーフリングの時と同様に接着してゆきます。素早く接着剤をつけて接着し、輪ゴムでボディをぐるぐる掛けます。はみ出しているタイトボンドは湿った布でふきとっておきます。これで1日おきます。ゴムを外して形を整えます。スクレーパーやサンドペーパーで仕上げをします。

 

 

 

 

 

 


Copyrights 2017 株式会社レミユ all rights reserved

当サイトにおける内容の無断使用を禁止します