アコースティックギター@パーツ!

ご注文 order お支払い payment キャンセル cancel 返品・交換 returned goods , exchange 送料 carriage 事業内容 activity 特定商取引   Act on Specified Commercial Transactions 個人情報保護  privacy policy ブログ blogお客さまの声 voice of customer

ホーム home << ギターの作り方 guitar_makingu << ブレースの形を整える

 

 

ブレースの形を整える

 

 

  約2時間

 

 のみ、ミニかんな、サンドペーパー

 

 高さの調節は慎重に。削り過ぎると強度が落ちてブリッジがはがれてしまいます。

 

ブレースが裏板に接着されたら、次にブレースの形を整えます。マーチンなどの基本形はトンネルの上がとんがった形とでも思って下さい。ブレースの上部の側面から少しづづミニかんなで削っていきます。削るパターンはいろいろありますが、私の所有している1949年製のマーチン0-15をモデルにしますと、ブレースの端に向かって僅かに低くなっています。端から5cmくらいのところから5mm程度削ってあります。このあたりの削り具合は好みでよろしいかと思います。お持ちの気に入ったギターがあれば、それを真似てもいいかと思います。但し、高さを調節する時は、削り過ぎないように慎重に行いましょう。はじめはあまり削らないようにした方が良いかもしれません。私は削り過ぎて、ブリッジのはがれを何度も経験していますので、どのくらいが適当かをほぼ理解しているつもりです。音質には表板のブレースの方が影響が強いですので、裏板側のブレース形状はあまり神経質にならなくてもよいでしょう。

形が整ったら#240のサンドペーパーで仕上げをします。

 

 

 

 

 

 


Copyrights 2017 株式会社レミユ all rights reserved

当サイトにおける内容の無断使用を禁止します