アコースティックギター@パーツ!

ご注文 order お支払い payment キャンセル cancel 返品・交換 returned goods , exchange 送料 carriage 事業内容 activity 特定商取引   Act on Specified Commercial Transactions 個人情報保護  privacy policy ブログ blogお客さまの声 voice of customer

ホーム home << ギターの作り方 guitar_making << ブレースを表板に付ける


 

ブレースを表板に付ける

 

 

  約2時間

 

 のみ、カンナ、ニカワ、サンドペーパー、定規、ナイロンシート、クランプ、竹棒、

 

  接着面は完全な平面で、はみ出た接着剤はすぐにふき取ります

 

 

板にサウンドホールロゼッタがつき、サウンドホールも開いたら、次はブレースをつけます。ブレースの配置は、前もって製図した図面をもとに、ホームセンター等にあるナイロンの透明シートに書き写します。そしてブレースの分をくり抜いておきます。これがあれば表板にブレース配置を書き写しやすくなります。この透明シートを使って表板の裏側にブレースの配置を鉛筆で書き込んだら、次にXブレーシングを組みます。

 

クロスする部分は約90度の角度でホゾ組みします。この段階では全てのブレースは角を落とさず、形もまだ整えません。形を整えるのは表板に接着 した後です。次に表板をゆるやかにカーブした形にするために、ブレースの接着面にカーブをかけます。このカーブは表板が弦の張力に負けないためのものです。

 

完全なフラットな状態より僅かでもカーブしていた方が、張力に強いギターになります。具体的にはブレースの端から10cm程度離れたところから、除々に2mmまで薄くしていきます。これでブレースを接着した時に、表板が曲がった形になります。全ての ブレースに同様の僅かなカーブを持たせます。

次は接着です。クランプで圧着するか、デッキとバーを使って圧着するかの方法がありますが、ここではデッキとバーを使用します。私はパソコン用のデッキと8mm角の竹のバーを使っています。このバーはデッキの上からブレースを圧着するものです。ニカワを表板とブレースの接着面に十分着けて、しばらくたってから圧着し、1日置いておきます。

 

接着時はブレースに力がかかって、接着位置がずれやすいので、注意しながら所定の位置にしっかり固定します。はみ出したニカワは水を含んだ布ですぐにふき取ります。

 

 

back next

 

 

 


Copyrights 2017 株式会社レミユ all rights reserved

当サイトにおける内容の無断使用を禁止します