アコースティックギター@パーツ!

ご注文 order お支払い payment キャンセル cancel 返品・交換 returned goods , exchange 送料 carriage 事業内容 activity 特定商取引   Act on Specified Commercial Transactions 個人情報保護  privacy policy ブログ blogお客さまの声 voice of customer

ホーム home << ギターの作り方 guitar_making << 専用道具 ( ジグ ) を作る


 

専用道具 (ジグ)  を作る

 

ここでは揃えていく際のポイントを少し述べてみます。ここで言う道具には、のこぎりやカンナなどギター以外の木工製作にも利用できる一般的なものと、ギター製作の時にしか使用しないものとに大きく分かれます。木工製作に共通の道具は比較的安易に手に入れられますが、ギター専用の道具は市販されているものが限られています。

 

ある程度のものはショップや通販で手に入れられますが、自分で作らないといけないものもあります。いわゆるジグという類で、製作の前にこれを用意しておく必要があります。ここではギターを作る前に必要なジグの作り方を説明してゆきます。


【本体の型枠】

これは側板を曲げた後、型枠に側板をはめ込んで、しっかり形状を固定するものです。材質としては、木やアルミがあります。手間はかかりますが、この際ですので自分で型枠を作ることにしましょう。ここでまず必要になるのは作ると決めたギターの形の図面です。型枠作成用に用意した図面をもとに作ってゆきます。この図面をさらにコピーして3枚用意しておきます。ここで必要な材料はホームセンターで手に入るものばかりです。

1.
厚さ18mm程度のベニヤ板を6枚用意します。市販で横45mmx、 縦60mmの大きさの板がありますので、これを使うと便利です。 型枠は中心線で左右に分かれる形になりますエンド側に出っ張り を作り、そこに鉄のバーを通して左右の型枠を固定する形になります。

2.

型枠作成用の図面を中心線から正確に切り、左右半分づつにします。そのうちの1枚を板に貼ります。貼り合わせ方は、まず板の端と中心線を合わせ、上にが同じくらいの空きがあるように位置決めします。この空きはあとで左右の型枠を留める部分になります。そして図面をスプレー糊で貼り付けます。

3.
そうしておいて、ネック接合側とエンド側に本体の輪郭から縦40mm、横40mmの出っ張りを鉛筆で描きます。この部分は、型枠の左右を棒で締め付ける時に必要な部分になります。又、本体の輪郭線の外側40mmのところに本体の曲線と同じように線を描きます。この40mmが型枠の幅になります。

4.
ジグソーを使って丁寧に輪郭と出っ張り部分を切ってゆきます。 切り方は、描いた線よりも2mm外側を切り、あとで微調整してゆくのが良いでしょう。このようにして、左右各3枚づづ、計6枚を切り出します。上下の出っ張り部分は左右の型枠を合わせると縦40mm、 横80mmの長方形になります。

5.
いよいよ3枚づつの貼り合わせに入ります。木工用のボンドを大量に用意し、貼り合せる両面にボンドを十分に付けて、しっかり合わせます。クランプがあればそれを使います。多少のでこぼこは、あとで 調整してなめらかにします。外側の角はヤスリで落とし、サンドペー パーでざらつきをなくします。今後何回も触れるものですので、表面 は出来るだけ滑らかにしておきましょう。型枠の内側の側板に接する部分は、平面になるように確認しながらヤスリなどで調整してゆきます。

6.
次に出っ張り部分で左右の型枠を固定できるようにします。出っ張り 部分に鉄のバーを通す溝を掘ります。溝は手作業か、ルーターか、電動ドリルなどを使ってバーが10mm中に入る程度の深さまで掘ります。バーの直径はは6〜8mmぐらいが良いでしょう。バーにはワッシャーをつけてボルトで両方から締め付けて固定します。



【表板・裏板の貼り合わせ台  貼り合わせの接ぎ目の下に置く棒】

厚さ10mm、縦600mm、横600mmの合板を用意し、縦側のはしに8mm四方の押さえ木を固定します。木工用ボンドをつけ、クギを打ち 込んで補強します。これで板を置く一方が決まりました。もう片方は、クギを打ち込んで板を止め、2枚の板を両端で固定して、貼り合せるという方法になります。次に幅20mm、厚さ10mm、長さ600mmの棒を作ります。これは板を貼り合せる合わせ目の下側に置く棒となります。クギを打つ時にこの棒を下に置き、接着時にこの棒を抜くという使い方をします。

 

 

back next

 

 

 

 


Copyrights 2017 株式会社レミユ all rights reserved

当サイトにおける内容の無断使用を禁止します