アコースティックギター@パーツ !

ご注文 order お支払い payment キャンセル cancel 返品・交換 returned goods , exchange 送料 carriage 事業内容 activity 特定商取引   Act on Specified Commercial Transactions 個人情報保護  privacy policy ブログ blogお客さまの声 voice of customer

ホーム home << コラム フォーク << 加川良 

 

コラム フォーク

 

加川良

 

滋賀県彦根市出身。 1970年代、アート音楽出版に入社します。 高田渡、岩井宏、岡林信康、高石ともやらの影響を受けます。 彼はフォーク・ソングを唄い始めます。 1970年の第2回中津川フォークジャンボリーでは飛び入りで「教訓I」を発表。 そこで一躍人気者となります。 後に、「教訓II」なぎらけんいちや、「教訓110番」三上寛などを発表。 パロディー作品も発表してゆきます。

 

アルバム『教訓』(1971年)でURCからデビュー。 「こがらし・えれじい」「偶成」を含む『親愛なるQに捧ぐ』(1972年)。 中川イサトとのライヴアルバム『やぁ。』(1973年)をたて続けに発表。 また1972年、よしだたくろうの代表作『元気です。』に彼の曲が収録されます。 「加川良の手紙」(作詞・加川良、作曲・吉田拓郎)という曲です。1974年ベルウッドから名作『アウト・オブ・マインド』を発表。


1975年中川イサトの神戸市長田区でのオムニバスライヴに参加。 『鼻歌とお月さん』のレコーディングとなります。 いとうたかお・大塚まさじ・金森幸介・シバ・西岡恭蔵と参加します。 その後も石田長生らをバックに従えた『南行きハイウェイ』(1976年)。 レイジー・ヒップとの『駒沢あたりで』(1978年オレンジレコード)を発表。 1990年代『ONE』、『2』を発表。

 

岡林信康が一線から退いたのち、ある議論がおこりました。 それは吉田拓郎と並んで“どちらがBIGになるのか”ということです。 彼は拓郎ほどの一般的名声を得ることはありませんでした。 現在では前述の拓郎の曲「加川良の手紙」で歌われた人物として知られます。 拓郎がポップに変わっていくのとは正反対の路線をたどります。 ストイックに自らの音楽に忠実に、お金にならない歌を歌い続けました。

 

「教訓」

1. 教訓I
2. できることなら
3. 悲しい気持ちで
4. 夜明け
5. 戦争しましょう
6. その朝
7. 求めます
8. 妹に送る唄
9. あきらめ節
10. 赤土の下で
11. ゼニの効用力について
12. 伝道


 

 

 

 

 


Copyrights 2017 株式会社レミユ all rights reserved

当サイトにおける内容の無断使用を禁止します

アコースティックギター@パーツ !アコースティックギターリペア工房"WoodyBlues"