アコースティックギター@パーツ.net

ご注文 order お支払い payment キャンセル cancel 返品・交換 returned goods , exchange 送料 carriage 事業内容 activity 特定商取引   Act on Specified Commercial Transactions 個人情報保護  privacy policy ブログ blogお客さまの声 voice of customer

ホーム home << ピックアップについて about pickup

 

ライブハウスやステージで演奏する際、ボーカルの場合は「ボーカルマイク」で音声を拾いますが、ギターの音も「外部マイク」で拾うのが以前は主流でした。最近はギター本体に専用のマイクやピックアップを取付ける場合が増えてきました。ギター本体に取付けるメリットは、ギターをかかえて動いても音に影響されないので、ギターの取り回しが自由になることが挙げられます。「外部マイク」の場合はマイクの前にギターを置く必要があり、ギターの取り回しが制限され、ギターをかかえてのステージアクションも大きく制限されます。「ピックアップ取付けタイプ」は生音が損なわれ、エレキギターに近い音になるという意見もあり好みが分かれますが、最近は音質改善され、ギター本来の音が再生されてきています。また、ハウリング対策としてもピックアップ取付けが広まるようになりました。下記に大きく3つのタイプを掲載しましたが、どれも一長一短があります。最近では評価の高い「組み合わせ型」も出てきています。

 

 

貼り付け型ピエゾタイプ

ギターのボディーに貼り付けボディーの振動を拾うタイプです。音は良いですが、ベースなどの音でもボディーが振動 してしまうので、外部マイクほどではないにしても ハウリングは起きやすくなります。

 

      

 

インブリッジピエゾタイプ

ギターのブリッジ溝にあるサドル下に取付けて使うタイプ。 普通はプリアンプと一緒に最初からギターにセットされて売っていますが、後付けも可能です。 弦の振動だけをダイレクトに拾うのでハウリングは起こりにくいですが、音はカリカリとした傾向があります。ハーモニクス音が出やすいタイプです。

 

     

 

マグネットタイプ

サウンドホール ( ボディーの真ん中の丸い穴 ) に取り付けて使います。 エレキギターと同じ方式で、 弦の振動だけをマグネットで感知するのでハウリングは 起こりにくいですが、音もエレキギターに近くなります。 マグネット方式なのでクラシックギターやフラメンコギターで 使うナイロン弦の音は拾いません。

 

    

 

 

アコースティックギターはエレキギターと異なり、ギターのボディー自体で音を増幅させるように作ってあるため、更に音を増幅させて大音量で鳴らすための楽器としては作られていません。そのため、広い場所で演奏する場合等、どうしても音量が足りない場合はギターの前にマイクを立てて音を増幅させる事で対処してきました。 この方法はギターのボディーである 木が振動する独特の音を損なうことなく増幅出来るため、よく使われました。 しかし、この方法ではハウリングに注意する必要があり、大音量は出しにくくなります。 ハウリングというのは簡単に言うと、スピーカーから出た音をまたマイクが拾って増幅してしまうために 起こる現象の事です。マイクが拾ったギターの音がスピーカーから出ますが、そこでスピーカーから出る音をあまり大きくし過ぎると、 「ピー」「ゴー」という雑音が鳴り続けます。 そして、ベースやドラムなどと一緒に演奏すると、スピーカーやステージ上から沢山の音が出ているので、 なおさらハウリングが起こりやすくなります。 そこで、 この問題を解決するために、アコギにもエレキギターと同じように ピックアップを取付けることが広まりました。 ピックアップというのは、ギターの弦やボディーの振動だけを拾い、それをアンプに送る装置です。要するに周りから聞こえる音を感知しないので、ハウリングが起こりにくいという事です。

 

今現在、各メーカーがこれらの問題を解決するために 様々な商品を開発していますが、最近多くなってきたのは 「インブリッジピエゾタイプ」と「コンデンサーマイク」をギターのボディーの中に仕込み、 それぞれで拾った音をミックスしてアンプに送るという方法です。 これは、 アコギの音質をできるだけ損なわないように考えられたシステムで、弾き語りやバンドで使う場合でもグレードの高い方法です。しかし、 アコギの音量をベースやドラムの音に埋もれてしまわないぐらいに稼ぎたい場合は「コンデンサーマイク」はほとんど役に立ちません。 アコースティックギターの生音は、他の楽器の音に埋もれやすい音質のため、生音に近い音質で他の楽器の音に埋もれないようにするのに、かなりの音量が必要になります。 しかし、生音に近い良い音質にすればするほど「コンデンサーマイク」に頼らなくてはいけないので、ハウリングが起きやすく、 音量は稼げない、というジレンマに陥ります。

 

 

 


Copyrights 2017 株式会社レミユ all rights reserved

当サイトにおける内容の無断使用を禁止します