アコースティックギター@パーツ.net

ご注文 order お支払い payment キャンセル cancel 返品・交換 returned goods , exchange 送料 carriage 事業内容 activity 特定商取引   Act on Specified Commercial Transactions 個人情報保護  privacy policy ブログ blogお客さまの声 voice of customer

ホーム home << ロッド rod << #6304-t スクエアーロッド 9mmx9mmx350mm 角材

 

ロッド rod 

 

#6304-t 【ロッド】
スクエアーロッド 9mmx9mmx350mm 角材
500円 個数:    送料880円

 

play 演奏系 repair リペア系 <Check 在庫を見る> チェック後「←戻る」で戻る

 

ロッド スクエアーロッド 9mmx9mmx350mm 角材

 



ロッド スクエアーロッド 9mmx9mmx350mm 角材

グレードアップアイテム ギターのグレードアップに役立つギターパーツ

マストアイテム 全てのプレイヤーに必要なギターパーツ

ホットアイテム あると便利なギターパーツ

定番アイテム 評価が定まっている安心ギターパーツ
フューチャーアイテム 将来のために持っておきたいギターパーツ
ストックアイテム 消耗品として沢山ストックしておきたいギターパーツ
ベストオフベストアイテム 最上級ランクのギターパーツ
バリエーションアイテム 種類を豊富に揃えたいギターパーツ
スターアイテム 持っていると一目置かれるギターパーツ

 

 

 

ロッド スクエアーロッド 9mmx9mmx350mm 角材

 

 

ロッド スクエアーロッド 9mmx9mmx350mm 角材

 

  仕様 : ネック補強用 ( 固定ロッド )
  形状 : スクエアー ( 四角 角材 )
  材質 : スチール
  ネック反り調整機能 : なし ( ノンアジャスタブル ) 
  サイズ :約9mm x 約9mm
  長さ : 約35cm
  重さ : 約200g

 

 

 

 

ネック補正調節機能のないノンアジャスタブル・スクエアーロッドです。スチール製の角材です。スクエアーロッドは14フレットジョイントのマーチンギターにかつて使用されていたものです。現在は調整可能なアジャスタブルロッドが主流ですが、ネック内部の空洞部分が少ないため、音の伝達にはこのスクエアーロッドが良いとされています。ロッドの長さは約35cmありますので、ドレッドノート等650mmスケールのネックまでに埋め込むのに適しています。必要に応じてカットし長さを調整します。ネック反りの調整は不可ですが、アジャスタブル・ロッドより音質面で向上が期待出来ますので、音質重視の方にお勧めします。

 

 

 

0700.  おすすめ度 ★★★★★ 毛塚様  2014-04-29

ロッドは、どのようなものを入れようか考えていた時に貴社のスクエアロッドを見つけました。あまりロッドの調整の感じていなく作るのであればしっかりした材で、補強で、と考え購入を決めました。まだ製作途中で完成には至っていませんが、後々、良かった。と思えるようにしたいと思います。

この度は当店をご利用誠にありがとうございます。このロッドは調整可能なロッドではなく、調整不可ではありますが、音には良い影響を与えるので人気があります。アジャスタブルロッドでの調整には限界もありますので、それよりも音質を重視する方におすすめしています。空洞のある中空タイプより重くネック反り防止効果はこちらのほうが高いと思われます。製作がうまくゆくことを心より願っています。頑張ってください。

 

0220.  おすすめ度 ★★★★★  fukushi様  2009-10-15

注文してから到着までが早い。 連絡も随時メールが入るので安心して取引ができます。いままで注文漏れもなく到着しております 。
沢山のお買上げありがとうございます。今回ギター製作関係のご利用ですが、製作に当たってのお尋ね等ございましたら、お気軽にお聞かせ下さい。当方も個人製作していますので、お答え出来ることもあるかと存じます。 本当にありがとうございました !

 

 

 

 

 

 ロッドについて                    

1920年代以降、ナイロン弦に変わってスチール弦が好まれるようになると、ボディだけでなくネックの強度も問題になってきました。レギュラーチューニング時には、弦の張力が60〜70kgになり、ネックの反りが演奏に及ぼす影響も大きなものになってきました。1924年、ギブソン社の技術者テッド・マクヒューがロッドをネックの中に埋め込むことを考案し、同じくギブソン社のロイド・ロアーがそれにネジを付けて調整可能なものに改良したのが始まりと言われています。それ以降、様々な形でアジャスタブル・ロッドが考案されていますが、ネジでロッドのテンションを調整するという形はほとんど同じです。この調整用ナットは、メーカーによって取り付け位置がナット側、ヒール側と一定ではありません。これと反対にノン・アジャスタブル・ロッドは、ネックに鉄棒を埋め込んだだけで調整の出来ないものです。充分な強度を計算してこのロッドが埋め込められたギターは安心ですが、それでも時々反ることがあります。もし、愛用のギターに費用を掛けてでも直すのに充分価値があると判断出来るのなら、信頼できるリペアーマンに修理依頼しましょう。特殊なフレットに打ち替えることなどで反りを直すことが可能です。

又、調節可能なアジャスタブル・ロツドで調整する際にはその扱いに十分気を付けましょう。いい加減に作られたロッドの中には全く役に立たないものもありますし、又、ある程度ナットを回しても反りが直らないからと言って、無理にギシギシ回すとね取り付け部分の木が欠けたり、ロッドそのものが破損してしまうことがあります。そうなると、フィンガーボードを一度外して、ロッドの取替えという大仕事になってしまいます。ここまでになったら、ギターの価値とお金とを天秤に掛けることになります。マーチンやギブソンのような高級品でも、第二次大戦中に作られたモデル(1942年〜1945年)には、ロッドにローズウッドが使われたり、全くロッドが入っていないギターもあります。そのようなギターで現在市場に出回っているものは、年月を経ても反りがないことが証明されているので、安心して使えるでしょう。音響的な部分でロッドを捉えると、伝統的な手法でギター製作をしているクラフトマンの中には、かたくなにロッドの必要性を否定する人もいます。音質面とネックの反り調整の両面をどう考えるかでロッドの必要性も変わってくるでしょう。

 

 

ご注文について お支払について キャンセルについて 返品・交換について 送料について 

 

 

 


アコースティックギターパーツネット トップページ | サイトマップ
サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します
©2015 アコースティックギターパーツネット