アコースティックギター@パーツ.net

ご注文 order お支払い payment キャンセル cancel 返品・交換 returned goods , exchange 送料 carriage 事業内容 activity 特定商取引   Act on Specified Commercial Transactions 個人情報保護  privacy policy ブログ blogお客さまの声 voice of customer

ホーム home << ワインダー winder << #4504-n Shubb/シャブ W1

 

ワインダー winder 

 

#4504-n 【ワインダー】
Shubb/シャブ W1
900円 個数:    送料880円

 

<Check 在庫を見る> チェック後「←戻る」で戻る

 

ワインダー Shubb/シャブ W1

 

 

ワインダー Shubb/シャブ W1

グレードアップアイテム ギターのグレードアップに役立つギターパーツ

マストアイテム 全てのプレイヤーに必要なギターパーツ

ホットアイテム あると便利なギターパーツ

定番アイテム 評価が定まっている安心ギターパーツ
フューチャーアイテム 将来のために持っておきたいギターパーツ
ストックアイテム 消耗品として沢山ストックしておきたいギターパーツ
ベストオフベストアイテム 最上級ランクのギターパーツ
バリエーションアイテム 種類を豊富に揃えたいギターパーツ
スターアイテム 持っていると一目置かれるギターパーツ

 

 

 仕様 : アコースティックギター用
 材質 : 合成樹脂
 サイズ : フリー  

 

  

 

 

 

SHUBB製「ワインダー」は持ちやすいグリップ形状で確実に弦を巻きます。S「ワインダー」とは弦を巻くのをスムーズに、かつ早くしてくれるパーツです。弦を巻くのは意外と時間が掛かり時にはストレスを感じることもあります。ワインダーを使えばかなりの時間が短縮され、快適に弦を巻くことが可能です。材質は合成樹脂ですが、とても操作しやすい形状になっています。弦を巻くのに時間が掛かってイライラする方は、一度使用することをお奨めします。慣れたらとても重宝するパーツです。

 

ワインダー Shubb/シャブ W1

 

 

ワインダー Shubb/シャブ W1

 

 

ワインダー Shubb/シャブ W1

 

 

ワインダー Shubb/シャブ W1

 

 

 

 

 

0643.  おすすめ度 ★★★☆☆  kachion様  2013-04-16

使用感は良。

弦を巻く手間を少しでも軽くするためのアクセサリーがこのワインダーですが、デザインが高くおしゃれなワインダーです。木製のものもありますが、このタイプは軽く動きもスムーズです。頻繁に弦を交換する人に一度使って貰いたいアクセサリーグッズですね。又のご利用をお待ちしています。ありがとうございました。

 

 

 


 弦の巻き方

弾いている途中でチューニングが狂ってしまう原因の一つに、弦の巻き方の問題があります。 弦の巻き方には人それぞれいろいろなやり方があると思いますが、ここでは一般的に行われている方法を説明します。 まず注意することは弦をねじらない、巻き過ぎない、巻き足りなくしないということです。巻き数は3回ぐらいがひとつの目安です。 一般的なペグの場合、弦をブリッジに通してまっすぐにヘッドまで持っていきます。そして、最適な巻き数になるような長さの部分で折り曲げます。目安としては実際に弦を巻くポストよりも約ふたつ分先を折ると良いでしょう。 そして弦を折り曲げたところまで穴に通して、通した弦の先を弦が巻かれる方向とは逆回りに引っ張ってポストに沿って戻し、ポストとナットの間の弦の下をくぐらせます。そのあと、少し強めに上に引っ張り上げます。そしてそのまま弦を挟む状態で弦を巻いてゆきます。 巻いてゆくときは弦を引っ張りながら、常に弦がピンと張っている状態を保ち、上から下に弦が重なり合うことのないように巻いてゆきます。巻き終えたら余分な先の弦を切ります。この時、あまりポストに近い部分を切らないように注意して下さい。 次にクルーソンタイプのペグの場合弦を通してヘッドまで持ってくる状態までは先程と同じです。そして最適な巻き数になる長さにカットします。 目安としては実際に弦を巻くポストより約ふたつ分先を折り、ポストの穴の深さ約1pを考慮しカットします。 そこで注意することはラウンド弦(4〜6弦)は先に折り曲げてからカットしないと巻き弦が緩んでしまう可能性があるため1回折り曲げてから弦をカットしましょう。 そしてカットしたあとはポストの真ん中に弦を入れて巻いてゆきます。

まず弦をブリッジの穴から通し、ペグまで引っ張ります。 左サイド(6.5.4弦)は弦がペグの内側から巻かれていく様に穴に通します。次に1.2.3弦側のペグに弦を巻きつけていくわけですが、こちらもさっきと同様に弦がペグの内側から巻かれていく様に穴に通します。 これを間違えてしまうと、ギターのナット部分が削れ易くなり、ビビリのもとになる可能性がありますので、必ず守りましょう。弦を穴に通したら1つずつペグを回していき、巻けたら余った余分な部分をニッパーやエンドカッティングプライヤーで約3センチほど残して切断します。ペグに巻きつける回数は、巻き弦(6.5.4)は約3〜4回、プレーン弦(3.2.1)は約6〜8回ぐらい巻きつければ良い状態と言えるでしょう。 弦の巻きが少なすぎたり、逆に巻き過ぎると、ピッチ(音程)が合わなくなったり、スグに弦が切れてしまう可能性が生じてきます。

 

 

ご注文について お支払について キャンセルについて 返品・交換について 送料について 

 

 


アコースティックギターパーツネット トップページ | サイトマップ
サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します
©2015 アコースティックギターパーツネット